ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりでチャレンジしているスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
03/20のツイートまとめ
2017-03-21-Tue  CATEGORY: Twitter
hiro_irs

天気が良いので旭山動物園でペンギンと一緒(^-^) シロクマいましたo(^-^)o https://t.co/t3h3xS3aSn https://t.co/vPsRLHvXOo
03-20 14:23

天気が良くなった旭川。昨日見えなかった旭岳が良く見えた(^-^)https://t.co/Ci0JMT3KVChttps://t.co/DjpCZKiZ1m
03-20 14:21

関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
03/19のツイートまとめ
2017-03-20-Mon  CATEGORY: Twitter
hiro_irs

北海道 大雪山旭岳へやってきました!!まだまだフカフカ雪一杯o(^-^)ohttps://t.co/kvEaGdl70f
03-19 14:32

関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
センサーユニット DuoTrap Sを装着!!
2017-03-11-Sat  CATEGORY: 自転車
ScreenClip2.png

TREKのクロスバイク(私のはFX7.4)は、
DuoTrap Sというスピードとケイデンス(ペダルの回転数)を計測する為の
センサーを簡単にフレームに取り付けることができます。

ScreenClip1.png

DuoTraps Sという商品ですが、
TREKには2種類のセンサーがあるので適合はHPで確認が必要です。
HPはこちら

これをジャスミンから誕生日にプレゼントしてもらったのですが、
本日やっと取り付けを完了することができました

センサー本体は簡単に装着できます。

20170309_050207596_iOS.jpg

フレームに取り付けるスペースが用意されているので、
保護カバーを取り外して、そこにはめ込んでビス止めします。

20170309_051258725_iOS.jpg

スピードを計測するマグネットをスポークに取り付けます。
取り付けるとマグネットがセンサーに近いですが、問題無く取り付けできました。

次にペダルの回転数を計測するために、
マグネットをペダルのアームに取り付けます。

その為にはペダルを一度取り外す必要があります。

20170309_051218088_iOS.jpg

左側のペダルのネジは逆ネジなので、右回しで緩むハズなのですが、
全然緩みません。

レンチを掛ける部分の六角は対辺15mmなのですが、
自動車の整備では使わないサイズなので手持ちがありません。

仕方なくモンキーで頑張ったのですが、どうしても緩みませんでした
※CRCなどをネジにスプレーすると緩みやすくなりますがダメでした(汗)

この日の作業は諦めて、Amazonで専用のレンチを購入。
無理をしないことが重要です。

20170311_024421995_iOS.jpg

昨日レンチが届いたので再チャレンジ
反対側のペダルを両足で挟んで、おりゃ~!!と力を入れます。

意外と簡単に緩みました
やっぱり工具は重要です

お値段は1,500円程度。
これからも自転車に乗るのであれば、持っていて損は無いでしょう。

20170311_025439251_iOS.jpg

ケイデンス用のマグネットをべダルのネジ穴付近に取り付けます。
フレームに白いマーキングがしてあるので、その位置に合わせて取り付けます。

あとはペダルを取り付けて作業は完了

このセンサーは市販のスピードメーターやスマホと接続することができます。

私はiPhoneにRuntasticのアプリを入れて使っています。

センサーとiPhoneはBluetoothで接続しますが、
アプリの設定画面で簡単に繋げることができました。

20170311_030504000_iOS.jpg

速度とケイデンスのマークが緑になって接続を確認できます。

接続できたら早速走ってみましょう

20170311_030001000_iOS.jpg

スピードが15.24kmでケイデンスが80rpmになっていることが確認できます。

このアプリはセンサーを取り付けなくてもGPSによってスピードを測ることができますが、
センサーを取り付けるとスピードの追従が早くなり、
停止を検知して計測を自動的に中断することができるようになります。

センサーには電源のON-OFFは無いので、
しばらく乗らないと自動的に省電力モードになるようです。
(センサーの電池は1年くらいもつそうです。)

ペダルを漕ぐとそれを感知してスマホと自動的に繋がります。

一般的にはケイデンス90~100rpmでトレーニングを行うと
効率的にペダリングできるようになるそうです。

天気が良い日は通勤に乗っていますが、
もう少し暖かくなったらサイクリングへ出かけたいと思います
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
レガシィ 走行距離15万キロ突破!!
2017-03-11-Sat  CATEGORY: 車・レガシィ
20170214_082319065_iOS-1.jpg

レガシィ号が先日15万キロを突破しました

現在14年目。

これまでに壊れた箇所は、

純正オーディア⇒交換
エアコン⇒交換
マフラーのO₂センサー⇒2回交換
マフラー腐食⇒交換
リアドア左右のキーレスエントリー⇒右側のみ交換、左は故障中

こんな所でしょうか。

これまでに色々な所へ私たちを連れていってくれたレガシィ号。
これからも、まだまだ一緒に出掛けたいと思います

自宅の前の道路が広くなって、駐車場に入れやすくなりました。

駐車場の奥にTmaxと自転車を停めているのでレガシィには奥行きが不足ですが、
試しに駐車してみました。

20170214_073230139_iOS.jpg

メッチャ飛び出ます(笑)
これでは駄目ですね。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
長野県 Mt.乗鞍スノーリゾートへGO!!
2017-02-19-Sun  CATEGORY: '16-17滑走記録 Mt.乗鞍
20170219_024258773_iOS.jpg

思い出し滑走記録です

野麦峠の翌日はホームゲレンデのMt.乗鞍。
朝起きると5~10cmくらい新雪が積もっているではないですか

ゲレンデへ急ぐものの、風が強くて下のリフトが動いていない
なので、リフト一本分ハイクアップ(汗)

一番上のカモシカゲレンデで、なんとか新雪を滑ることが出来ました

しかし、それ以外のゲレンデがカチコチで酷すぎる
これまでで最高にコチコチ。

圧雪車でグルーミングしてるけど、レコード盤みたいにそのまま固まっていて、
全然溶けない

流石に滑りを満喫することはできませんでした

滑るのはお昼で切り上げて、いつものお蕎麦屋さんへGO

ここで美味しい「どうじそば」を食べて大満足
やっぱりこれしか無いね~♪♪

早めに帰路についたので、高速道もほとんど混んでおらず、
中央道からは綺麗な富士山が見えました。

20170219_071249331_iOS.jpg

あまり滑れなかったので、また滑りに行きたいです
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
長野県 野麦峠スキー場へGO!!
2017-02-18-Sat  CATEGORY: '16-17滑走記録 野麦峠
20170217_235049357_iOS.jpg

こんにちは、hiroです。
ブログの更新を完全に忘れていましたが、
思い出しながら滑走記録を残しておきたいと思います(笑)

ジャスミンはウイスラー以来の滑走ということで楽しみにしていたのですが、
同じ週の木曜日に気温が上がって土砂降り。

金曜日に気温が下がって雪が降りましたがカチコチのスーパーアイスバーン!!
という、野麦峠でした

それでも標高が高いゲレンデは15cmくらい新雪が積もってギリギリOK。

しかし、ベースは本当にカチコチ。
スケートリンクのようでした(笑)

しかし、アイスバーンには気づきがありました
バックサイドのバランスのとり方に、新しい発見があり、
以前よりも上手に滑れるようになりました。
スノーボードは奥が深い

OGASAKA CTはFCに比べてバランスがとりやすいので、
アイスバーンでもなんとか楽しめました♪♪

20170218_015116122_iOS.jpg

お昼に、どて煮のあいがけカレーを食べました
赤みそとカレーのハーモニー、美味しかったです

硬いバーンで足が疲れたので早めに乗鞍高原へ移動して、
ペンションウィンズさんへチェックインしてゆっくりしました
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
北海道 札幌国際スキー場へGO!!
2017-02-04-Sat  CATEGORY: '16-17滑走記録 札幌国際スキー場
こんにちは、hiroです。

出張あとの北海道スノーボードの旅2日目は、
札幌国際スキー場へ行ってみました!!

前日の夜に天気予報を確認すると、
どうも夜の間に降るらしい!!ということで、
新雪を狙って、非圧雪が楽しい札幌国際スキー場に決めました。

朝、目を覚ますと小樽の街も少し積もっています。
急いで朝ごはんを食べて出発です!!

フィットハイブリッドで山を登っていくと、かなり積もっているようです。
しかし、あまり飛ばせないので、これではゴンドラの運転開始に間に合いません。

う~ん、あと30分早く起きれば良かった(笑)

9時のゴンドラスタートですが、私が到着したのは8時50分。
急いで着替えて、リフト券を買ってゴンドラに飛び乗ります。

途中で先頭の人が滑り下りてくるのが見えました。
膝上くらいは積もっています!!

これはテンションが上がります~♪♪

はやる気持ちを抑えてどのコースを滑るかをチェック!!
山頂でゴンドラから飛び降ります。

うぁ~、いきなり全部非圧雪のゲレンデが広がっています!!

20170131_012351929_iOS.jpg
※画像は既に新雪が喰いつくされたあとの画像。
  朝一は写真を撮る暇がありません(笑)

久々の新雪へドロップイン!!
わぉ~!!超気持ち良い~♪♪

けど、板が沈む(曝)
今回持ってきたのはオールラウンドのOGASAKA CT。
事前にセットバックを下げて新雪対応にしておいたのですが浮力が不十分。

全力で後ろ荷重だと大丈夫なのですが、足が辛い(笑)

一本目は多少喰われたハードな所を滑り、
途中で何度かやられそうになりましたが無事に滑走制覇!!

久々だったのでちょっと難しかったのですが、
誰も滑っていない雪の上を浮いて滑って行く感覚は最高です。

20170131_012935511_iOS.jpg

麓は少し圧雪されていて、こんな感じで晴れ間が出ていました。
フレッシュな雪の上をカービングターン!!

一本のゴンドラで新雪とカービングの両方が楽しめてしまうなんて素晴らしすぎます。

10時を過ぎると、たくさんの中学生、高校生がやって来ました。
地元の学校でスキーの授業の様です。

ゴンドラ乗り場で学生に紛れてしまっている外国人を発見。
並ぶ場所を間違えていると教えてあげました。

その人たちと同じゴンドラに乗ったのですが、
なんと、チェコのプラハから来ているとのこと。

私が行ったことがあることを伝えてると、
喜んでくれて色々な話で盛り上がりました♪♪

小樽にまだ行ったことが無いと言っていたのでお勧めしました(笑)

ゴンドラを7本ほど滑ると、バーンは荒れ荒れに。
ケガをするといけないので、このへんで終了。

20170131_030627658_iOS.jpg

気になるお昼ご飯は、国際カレーラーメン!!
これがスキー場の定番メニューとのことです。

チキンカツが載っていて、ボリューム満点のラーメン。
スパイスが聞いたスープで美味しかったです。
でも、ちょっと昨日のスープカレー(チキン)と被ったかも(笑)

そんなに大きなスキー場ではありませんが、
斜度にメリハリがあって、新雪があるときにはあまり圧雪されないので、
パウダー狙いには最高のスキー場です!!

キロロよりも滑りごたえはありそうです。
札幌からも近いので、また滑りに来たいと思います♪♪

この後は荷物をまとめてスキー場から厚木へ発送。
無事に山を下って新千歳空港へ。

新千歳空港の温泉でゆっくりして・・・・。

搭乗券を引き換えにAIRDOのカウンターに行ったら、
私たちが乗る便が欠航になっているではないですか(汗)

30分早いANAに振り替えてくれるとのことで、
急いで荷物を預けて飛行機に飛び乗り、無事に帰ってくることができました。
やれやれ(笑)

今回の練習で、
板を立て過ぎず、じんわりと板をコントロールする感じを掴むことができました。

もうちょっと上手くなれそうです♪♪

次は2週間後に乗鞍高原へ行きたいと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
北海道 キロロスノーワールドへGO!!
2017-02-02-Thu  CATEGORY: '16-17滑走記録 キロロスノーワールド
こんにちは、hiroです。

ロサンゼルスから帰ってきて、
その次の次の日からイベントの仕事で北海道へ行ってきました!!

20170128_105945261_iOS.jpg
※回転寿司です。

土日の2日間の仕事だったので、その後に2日間のお休みを頂きました。
もちろん北海道で過ごしました♪♪

仕事は苫小牧だったのですが、仕事の後にレンタカーで小樽へ移動。

20170129_120356644_iOS.jpg

小樽の倉庫跡地のレストランでスタッフと一緒にプチ打ち上げを行いました。
美味しいドイツ料理とビールを満喫。
※私は車があったのでノンアルコール(笑)

そのまま、小樽の駅前のスマイルホテルに泊まったのです・・・・が、
このホテルが激安!!

確かに普通のビジネスホテルなのですが、朝食が付いて一泊3,500円!!

20170130_224629562_iOS.jpg

予約するときには軽食と書いてあったのですが、
美味しい朝食で文句なしのコストパフォーマンスでした。

到着した日は早く寝て、この朝食を食べてキロロへ出発!!

前の週に一度雪が溶けたようで、山へ登る道が凍ってる凍ってる。
黒く透き通った氷は恐怖です。

レンタカーはフィットハイブリッドの4WD。
発進は平気ですが、登りのコーナーでは簡単にテールが出ます。
トラクションコントロールと横滑り装置が作動してアシストしてくれますが、
これまでに体感したことのない超低グリップです。

そして、下りのコーナーが超怖い。
ABSは介入しまくりで全然止まらない!!

それなのに地元ナンバーのタクシーが煽ってくるし・・・・。
地元のおばちゃんも凄く速い。

自動車の運転でこんなにストレスを感じたのは初めてです。

それでも安全運転で無事にキロロに到着!!

20170130_011210679_iOS.jpg

残念ながら新雪は無く、ちょっと硬い圧雪バーン。
ウイスラーでガイドさんに教えてもらった板の角度を付けすぎ・・・というポイントを
意識して練習してみました。

適度な板のずらしが、コントロールには重要なんですね!!
13年やっていても毎日気付きがあるというのがスノーボードの凄いところ。

20170130_030521396_iOS.jpg

今日の予報は午後から荒れるということで、
徐々に風が強くなって吹雪いてきました。

みるみるうちに雪が積もって行きます。
硬いバーンの上に雪が積もって、後半はさらに気持ちよく滑ることができました。

お昼は山頂のレストランでスープカレーを頂きました。

20170130_034612361_iOS.jpg

前回来たときにも食べたかな?

久々に平日に一人でスキー場へ来ましたが、
やっぱり一人だとちょっと寂しい。
ふたりの方が楽しいね♪♪

だけど、実は明日も滑りに行けます!!
明日はどこのスキー場へ行こうかな?
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
モンスター ジャムを観ました♪♪
2017-01-31-Tue  CATEGORY: .出張 その他
こんばんは、hiroです。

カナダに行った翌週のことですが、ロサンゼルスへ出張してきました!!

そこで、以前からずっと観てみたかった「モンスタージャム」を観戦することが出来ました。

20170122_033715665_iOS.jpg

iPhoneで動画を撮ったのでちょと観て下さい!!



凄い迫力でしょ!!
この画像を携帯で撮影できることも驚きですけど。

スタジアムで行われているのですが、観客席はほぼ満席。
皆さん小学生くらいの小さなお子様を連れての観戦です。

20170122_040720529_iOS.jpg

しかも、冬の間は近隣のスタジアムを順番に転戦して、
ほぼ毎週開催される人気ぶり!!

「自動車の絵を描いて」とお願いすると、
ミニバンの絵を描く日本の子供たちとは違った感性をもって大きくなることでしょう。

20170121_223927481_iOS.jpg

アメリカはなんでもスケールが大きい!!
トラックの奥に見えるのは、超大量の風力発電機。

20170121_224454602_iOS.jpg

無限にありそう(笑)

今回の出張で残念だったことが一つ。

英語が全然聞き取れない!!

私の英語はジャパニーズイングリッシュですが、
香港やヨーロッパの人とはほぼ会話可能。

それなのに、ネイティブアメリカンの英語は全然ダメでした。
アメリカのドラマを観て耳を慣れさせたいと思います!!

もうちょっと聞き取れるようになったら、
ジャスミンと一緒にアメリカを旅行したいです♪♪
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
カナダ ウィスラー 2017 総集編!!
2017-01-26-Thu  CATEGORY: '16-17滑走記録 カナダ・ウィスラーブラッコム
ウイスラーから戻った翌週にはロサンゼルスへ出張して大忙し。
その帰りの飛行機の中でビデオの編集を行い、やっと動画が完成しました
素敵な景色をご覧ください。



次回ウイスラーへ行く時の為に色々とまとめておきたいと思います

<旅行の手配>
今回はJTBのツアーを利用しましたが、
日本からウイスラーへ行く人が少ないので選択肢は多くありません。
HISはツアーが無さそうです。

10月頃にパンフレットができますが、
予約をお願いしておいても抽選のような感じで予約がとれませんでした。
キャンセル待ちをしましたが空きはでませんでした

ツアー発売当日にジャスミンがJTBのネットサイトを使って自力で予約して
今回はチケットを確保できましたが、かなり難しいです。

現地で聞いた話だと、
最近はアメリカからのお客さんが多く、ホテルの予約がかなり取りづらいそうです。
1週間以上の予約でないと受け付けないことも多いので、
直接予約するとしてもハードルが高そうです。

<移動>
今回は羽田発のANAの便を利用しました。夜9時頃に出発する便でした

20170103_122635382_iOS.jpg

機体が最新型のボーイング787で静かで快適に移動できました。
行きは8時間くらい、帰りは9時間くらいですがエコノミークラスでも十分でした。

スノーボードは通常の預け入れの荷物とは別に追加料金無しで預けられましたが、
ツアーで無いと別途追加料金が必要かもしれません。

バンクーバーの空港での注意ですが、
スノーボードは大型荷物専用のターンテーブルから出てきます。
通常の手荷物を受け取った後に移動して探さなければなりません。

空港でJTBの現地スタッフにピックアップされて、
専用のマイクロバスに乗ってウィスラーに向いました

空港から約2.5時間ほど掛かりますが、雪が積もっていたらそれより長くなると思います。

到着するとJTBのサービスステーションでビレッジの説明を聞いて、
その後でホテルのチェックインを手伝ってくれますが時間は夕方の6時を過ぎます。

時差ボケもあり頭がボーっとしている状態なので、
ビレッジ内にあるスーパーで簡単なものを買って食べるのがお勧めです

20170107_230705738_iOS.jpg

そして、その夜にぐっすり眠れば翌日から時差ボケが少なくなり楽しく活動できます。
スキー場にはナイターが無いので、到着した夜は滑れません

今回は7日の日程でしたが、5泊7日となり、最終日は朝出発するので滑れません。
実際に滑れるのは4日間になります


<リフト券>
普通に買うと1日券が約11,000円とかなり高価です。
午後券というのがあるらしいのですが、夕方3時にはリフトが止まります。
値段は1日券とほぼ同じということで、だれも買う人はいません(笑)

20170104_221612128_iOS.jpg

JTBにお願いして4日券を買うと、1日分が8500円程度になります。
これは5日間のうち4日使用可能という感じで、途中使わない日があってもOKです

4日間全部をフルパワーでは滑れないので、
私の場合には3日券にしておいた方が良かったです。
(ウィスラーヴィレッジには1日ではまわりきれないほどのお店があります。
1日はゆっくりショッピングを倒しむのがお勧めです。)

20170107_225603415_iOS.jpg

スキー場のチケット売り場で買うよりもJTB手配の方が少し安いです。
空港でバスに乗る前に売り込まれるので、申し込み書に記入して手渡せば
ウイスラーに着いた時には名前付きのICチケットが完成しています

<ホテル>
ホテルは様々なホテルがありますが、今回はクリスタル・ロッジ(&スイーツ)に泊まりました。

20170108_053555962_iOS.jpg

Bグレードなので部屋は広く無いですが、綺麗で必要十分でした
ウイスラーゴンドラの乗り場に近く、スタッフも親切。

20170104_221454447_iOS.jpg

板はスタッフがストレージに入れてくれて、使う時は取り出してくれるのでとても便利です。
スターバックスが付属しているのも寒い外を歩く必要が無く快適です

20170108_160731985_iOS.jpg

ほとんどのホテルは食事無しなので、滞在中のレストランの出費がかなり高く、
リフト代も高額なので、ウィスラーヴィレッジを満喫しようとすると、
2人で5泊する場合、15万円以上を見込む必要があります
板をレンタルするともう少し必要です。

しかし、食事を全てスーパーマーケットで調達すれば食費はかなり抑えられます。

最初にJTBに予約をお願いしたときは、
Aグレードのスイートルームのホテルを選んだのですが、
これだと料金がが1.5倍ほど高かったです

実際にはBグレードのホテルになってしまったのですが、
その分の差額で現地の費用をまかなえたので結果としては良かったです
スイートルームの部屋が取れていたら、大変な出費になるところでした

<英語>
少し話せないと楽しめないと思います。日本語全然通じません
バブルの頃は日本人が押し寄せていたので通じたのかもしれませんが、今はダメです。
食事が難しいときは、現地旅行代理店のジャパナダさんを使うと良いと思います。
ミールクーポンを購入できるので、それを購入してお店を予約してもらえば、
それを見せるだけで食事ができますし、チップの支払いも不要です

<レストラン>
カナダは移民の国なのでこれがカナダ料理!!というのはありませんが、
滞在2日目に食べたステーキはカナダっぽくて美味しかったです。

20170105_020920780_iOS.jpg

ウィスラービレッジには中華以外の料理はほとんどなんでもあります
年末年始などの混雑時は絶対に予約が必要です
ほとんどのお店がインターネットから簡単予約できます。
カナダに行く前に行きたいレストランは予約しておいた方が良いでしょう。

今回私たちが行ったレストランはどれもかなりお勧めです
全てのレストランでクレジットカードが使えますので、現金はほぼ不要です。
難しそうなチップの支払いも、
決済端末で、10%、15%、20%を選択するだけなので簡単です
日本料理店以外は英語のメニューしかありませんので、
困ったときは日本料理店へ行きましょう

<人種>
ほぼ白人しかいませんでした。
東洋人は珍しいので、
レストランに入っても日本人は私たちだけというのがほとんどでした。
ゲレンデでも日本人に出会うことはごく稀です。
白人ばかりなのでちょっと劣等感を感じます
私たちのことは日本人だときちんと分かってくれます。
(中国人に間違えられることは無かったです。)
リフトに乗っているときに話しかけてくれて、優しくしてくれます。
私たちは日本に生まれたというだけで得をしていると感じました

<ウイスラー・ブラッコム>

ScreenClip.jpg

非常に大きなスキー場で、ウィスラー山とブラッコム山からなっていますが、
ウィスラーは笛の「ホイッスル」を吹く人の意味から来ています。
ブラッコムは山の形がギザギザで櫛のようなので、ブラック コンブ(櫛)の意味だそうです。
今回は最低気温が-10℃程度だったので暖かい装備が必要です。
綿入りのウェア―の方が良いと思います。
リフトはどれも高速リフトで足置きが付いています。
椅子の座面にクッションがあって快適です。
どのリフトも長いので吹雪いたらかなり寒いと思いますので注意が必要です
リフトの並び方が少し変わっていて、4つ程度のラインに分かれて並びます。
途中で合流しますが、必ず交互に合流します

コースは200以上あるので全部は滑れません(笑)
日本の初心者コースのような緩い斜面が少なく、
初級コースが日本の中級コースくらいのレベルです。
コースの途中が平だったり、下がって上るような場面も多いので、
途中で転んでしまうレベルだと楽しめないと思います

お勧めは動画で滑走している7th Heavnリフト沿いのコースです
今回は新雪に出会うことができなかったのですが、
新雪が積もったら完璧な天国になると思います
どのリフトからでも、必ず圧雪されたバーンを滑って降りられますので、
新雪が苦手な方も大丈夫です。

雪質は昼間も雪が溶けることないので終始乾燥していてパウダーの状態でした。
しかし、圧雪がきちんと行われるので結構硬いバーンで足腰にはちょときつかったです。
気持ち良いカービングターンを楽しむことができました

<まとめ>
ウィスラービレッジは北米最大のスノーリゾートと言われるだけのことはあって、
スキー場、ホテル、レストラン、どこも最高のサービを受けることができました

レストランでは15~20%のチップが必要ですが、
どのウエイトレスも超親切でハイテンション。
必ず話掛けて話題を提供してくれます。ディズニーランドのキャストの様です。
楽しい時間を過ごすことが出来て喜んでチップを渡したくなりました

日本のおもてなしも良いと思いますが、北米式のサービスも素晴らしいです

最高の景色。
最高の雪質。
最高の食事。
最高のサービス。
たくさんのお店。

気持ち良く滑って、ビールを飲んで、美味しいご飯を食べて、たくさん眠る
そしてゆっくりとお買い物。

私たちが訪れたリゾートの中では間違いなく最高です
ジャスミンと一緒に楽しい時を過ごすことができました

この年末年始、私は社会人になって初めて12連休の休みを取りました。
5日間ゆっくり休んでからの7日間ウィスラーの旅。
ものすごくリフレッシュすることができました

エネルギーをチャージしたら仕事を再開♪♪
楽しい製品をたくさん創って再びウィスラーを訪れたいと思います。
う~ん、本当に良い旅でした
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。