ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりでチャレンジしているスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
SP忠男 PURE SPORT TYPE TWO TAIL 08TMAX 走行インプレ!
2011-08-21-Sun  CATEGORY: バイク・TMAX
こんにちは、hiroです。

やっと走行のインプレッションまでやって来ました!!

想像していたよりも取り付けに苦戦しましたけど、
昨日、試走で箱根へ登ってみました!!

最高に気持ち良かったです!

IMG_2115.jpg

IMG_2122-2.jpg

天気予報が悪かった為か、
関東のバイクの聖地「大観山」に
なんと、バイクがゼロ台!!

IMG_2128.jpg

こんなのは初めです。

誰もいないので、マフラーの排気音を録画してみました。
こんなサウンドです!!



動画では軽い排気音ですが、
実際はアイドリング時にはもう少し音圧があって低音が強調されています。

ファーストアイドリングでは音量は少し大きく感じますが、
走り出すとパルスごとの音はあまり聞こえず、音量は小さく感じます。

高速道路を100km/hで走行すると、
私のプーリーのセットでは5,500rpmですが、音はかなり静かに感じます。
これなら長距離を走っても疲れないでしょう。

私のプーリーは逆車用(アクセラレーションキットと同じ)で、
ウェイトローラーは変更しています。
詳しくはこちら

では、走行のインプレッションです!!
上記のように駆動系のセッティングが違いますので、
ノーマルの車体に取り付けた場合とは感じ方が違います。
ノーマルのインプレッションはこちらのSP忠男のデモカーの試乗の記事をご覧ください。


まず、走り出すと低回転のトルクがアップしています。
タンデムだとよく分かりますが、クラッチが繋がったあとのトルクが
ググッとアップしています。

交差点をゆっくり曲がる時など乗りやすいです。

そしてそこからアクセルを開けていくと、
ノーマルのマフラーよりも強烈に加速していきます。

私の駆動系セットだと、6,000rpm辺りでプーリーが変速しますが、
そこまで一気に回転が跳ね上がり、
エンジン回転数をキープしたまま、車速が伸びていきます。

箱根新道をタンデムで登っても、かなりの加速力。

駆動系がノーマルでノーマルマフラーの時とは全く別のバイクです。
体感ですが5psくらいはアップしたのではないでしょうか。

TMAXが納車された時には、
「遅いな~。これって本当に500cc??」と思いましたが、
今回のマフラー交換で私の希望の動力性能になりました。

アクセルへの反応も良好で本当に気持ちよく走れます~!!

しかし、デメリットもあります。

まずは、低速でアクセルを全閉にすると、
「ボコボコ」と吹き返し?、時々アフターファイアーが発生します。
おそらくノーマルマフラーでも発生していると思うのですが、
それが聞こえやすくなっているんでしょう。

あとは個人的ですが、走行に疲れてくると、
信号で停まっている時の音が、重低音でちょっとうるさく感じます。

でも、全体的には非常に素晴らしいマフラーです!!
作り良し、パワー良し。


取り付けの様子は下記の記事をご覧ください。

SP忠男 PURE SPORT TYPE TWO TAIL 前編 ⇒こちら
SP忠男 PURE SPORT TYPE TWO TAIL 取り付け後編 ⇒こちら

そして、このマフラーが欲しい!!と思っている方。
自分で付けるのはちょっと大変ですが、バッチリフィッティングするには、
自分でやるしかないかも。

なかなかマフラーの安売りはありませんが、
↓ここなら一番安いかも。15%OFFで送料無料です。




自信がない方は、SP忠男の直販で買って、
きちんとつけてもらいましょう!!
お値段は定価ですが、取り付けは無料です。
直販ページはこちら
関連記事
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.