ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりでチャレンジしているスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
SP忠男 PURE SPORT TYPE TWO TAIL 取り付け後編
2011-08-20-Sat  CATEGORY: バイク・TMAX
こんばんは、hiroです。

お盆休みが明けて会社に行って、
「hiroさん焼けてますね~。海ですか?」と聞かれ、

「いや、駐車場で・・・・。」と、答えました(笑)

そんな、マフラー取り付けの後編です!!

IMG_2080_2.jpg

とりあえずサイレンサーを仮止めして、
左右のサイレンサーの位置を合わせながら本締めします・・・が、
左右の高さが全然合いません。

左が高くて、右が低い。

IMG_2130.jpg

角度も結構違うんです。

何とか頑張って調整するものの、どうしても限界なんです。

IMG_2087.jpg

左はセンタースタンドを跳ね上げた時に、
スタンドのペダルを避けなきゃ駄目なんですが、
今でも当ってるのので、これ以上サイレンサーを下げられません。

スタンドの跳ね上げストッパーを少し調整して低くしれば良いのですが、
ちょっとやってみましたが、
バンクの時にスタンドが地面に擦りやすくなってしまいます。

IMG_2088.jpg

右はステーの位置がどうしてもこの位置にサイレンサーを固定してしまいます。
これ以上上がらないのです(爆)

設計通りの位置に取り付いていると思うのですが、
デモ車や他の人の画像と何か違うんですよね・・・・。

まあ、仕方ないので先に進みます。

IMG_2083.jpg

マニホールドはとぐろを巻いているので、
その部分を避ける為に、アンダーカバーを切り取ります。

しかし、ABSかな・・3mm厚以上のカバーを
説明書の通りにカッターで切ることは超大変。

私は超音波カッターを使いましたけど、これなら簡単です。

更に新品ならばカット用の型紙が付属するらしいのですが、
私のは中古なのでそれが無く、見本の写真を見ながらカット!!

でも、写真の大きさと位置では全然違うんですけど!!

IMG_2085.jpg

左のマフラーステーの部分は、
タンデムステップのカバーを切り込んで対応するのですが、
これも、全然良い位置に加工出来なかったです(笑)

今度パーツを買ってやり直そうかなぁ~。

この後、すべての外装パーツを元に戻して、時間は18時30分。
ここまでで5時間半が経過しました。

とりあえず形にはなったので試運転。
ジャスミンと一緒に近所を走ってみます!!

排気音は重低音で心地よい大きさ。
とても良い感じです。
動画を撮影したので、後ほど公開します。

しかし、ジャスミンからは、
「グラブバーの振動が大きくて手が痺れる」とのコメントを頂きました。

残念ながら日も暮れて、この日の作業はここまでです。

しかし!! 翌朝作業を開始。

この日は会社へ行かなくてはならないので、
朝一番から作業開始です!

ポイントは、

①センタースタンドが左のパイプに当らないように、
少しでも前に寄せて取り付けなおす。

②右のサイレンサーを少しでも上に取り付ける

ということです。

そこで、もう一度外装を取り外し、
マニホールドのナットも緩めて、全体を組み直します。

朝は直射日光が当るので、温度計は36℃。
すでに死にそうです・・・。

IMG_2089.jpg

まずは左側。
かなりクリアランスが少ないですが、ここからもう少しスペースを稼ぎました。
しかし、傷を防止する付属のシリコンパイプを入れると、
どうしてもパイプには接触してしまいます。

他のユーザーの方では、それでもクリアランスが取れている人の画像があったのですが、
これ以上は難しいです。

この修正により、
残念ながら左のサイレンサーは更に高い位置に(笑)

そして、今度は右側。

IMG_2092.jpg

サイレンサー単体を上へ持ち上げようとしても、
O2センサーが、マフラーステーに当ってこれ以上持ち上げられません。

そこで、ステーの取り付け穴を長穴にして、
ステーごと角度を持ち上げる作戦を実行することにしました。

この日は加工の寸法を決めて、11時半に作業終了。
この日は炎天下で3時間半を費やしました。

後日、仕事の後でステーを削ること1時間。

IMG_2096.jpg

一見簡単そうですが、
裏に溶接されたワッシャーも一緒に削る為、その厚さ6.5mm。

IMG_2099.jpg

わざわざ買った超硬のビットは一瞬で軸が曲がり、
結局砥石のビットで地道に削りました・・・。

そして本日、いよいよ取り付けです。

しかし!!
ステーの角度は良かったものの、
サイレンサーの取り付け穴の変化量を見誤りました・・。

今度はその穴を1時間かけて長穴化。

更に、サイレンサーとステーの間にはゴムワッシャーを追加。
ビスも長い物に換えて、スプリングワッシャーも入れました。

IMG_2102.jpg

そしてついに完成しました!!
本日の作業時間は2時間半。

取り付け総作業時間12時間半の大作です(笑)

IMG_2131.jpg

どうですか~?
高さもほとんど同じでしょ!

これでも右側は本当に限界なんです。

IMG_2110.jpg

車体下部の隙間はほとんど無し。

IMG_2108.jpg

サイレンサー立ち上げ部分の隙間もほとんどありません。

取り付けに、こんなに苦戦したのは私だけなんでしょうかね・・・。


まずはマフラーの「作り」のインプレッションです。
このマフラーの作りには、どうしてもこの形にしたかったという気持ちを感じます。

トルクを稼ぐ為にループ構造にして、
わざわざ左右2本出しにしてセンタースタンドの隙間を通し、
ステーを見えないようにタンデムステップと共締めにして、
性能とこのスタイルの両立を絶対に実現しようとした気持ちが伝わってきました。

だからこそ、私もここまで時間を掛けて取り付けたのだと思います。
何度、普通の右一本出しにすれば良かったかも・・・と思ったことか。

本当に素晴らしい作りだと思います。

今回は中古で買ってしまいましたが、
次回は新品で購入して、開発した人に恩返ししたいと思います!!

走行のインプレッションは、次の記事でアップします。
お楽しみに!!
関連記事
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
2本だし
コメントたろさ | URL | 2011-08-20-Sat 23:54 [EDIT]
やっぱり2本出しはかっこいいですねぇ。

音って、凄く「気分」に影響しますよねぇ。

やっぱり「気持ちのいい音」がすると、同じところを同じ車で同じように走っても、全然気分が違いますもんね。
コメントhiro | URL | 2011-08-21-Sun 12:24 [EDIT]
ありがとうございます!!

TMAX乗りの間では、
「かっこいい派」と「おこちゃま派手仕様」と意見が分かれるマフラーです(笑)

私はかなり気に入っているので満足!!

「気持ち良い音」は重要ですよね。
ノーマルは限りなくカブの音なんです。

秋にはお仕事も片付けて、気持ち良く走りたいです!
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。