FC2ブログ
ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりで楽しんでいるスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
TMAX 駆動系チューニング Part2 箱根でテスト!!
2010-04-05-Mon  CATEGORY: バイク・TMAX
こんにちは、hiroです。

駆動系を変更して、グリップヒーターを装着したTMAX。

会社のフロア移動もひと段落したので、
昨日の朝、会社の同僚のI君と一緒に箱根の椿ラインへ走りに行ってきました!!

箱根 大観山

昨日は天気予報に反して、天気は曇り。
朝は4℃くらいまで冷え込んだので、箱根の山の上は寒かったです。

それでも雑誌の取材があり、大観山は大混雑でした。

でもって、気になる駆動系ですが、椿ラインの上りでは非常にGood!!

とにかくピークパワーを全域でキープしているので、
これは最高に気持ち良い!!

38PSのエンジンですが、全域で38PSなので相当速いです。

私のテクニックではSR400のI君に置いていかれましたが、
I君のライディングするTMAXは上りで900 Ninjyaをちぎってました。
(I君はV-MAXも持っていて、椿のエキスパートです。)

I君もこのTMAXを絶賛してくれました。

「フレーム剛性と車体のバランスが本当に最高で、
今回の駆動系セッティングで、完璧にスポーツバイクになった」とのこと。

ホント、TMAXは良いバイクです。

しかし!!

今回の駆動系の変更でもちろんデメリットもあります。

高速道路などを巡航するときのエンジン回転数がやっぱり高いのです。
以前の逆車セッティングと比べると1000rpmほど常に高くなってしまいます。

帰りにガゾリンを入れてみたのですが、燃費は17.6km/L。

以前の仕様だと、
通勤オンリーで約17km/L。
ツーリングだと、峠や高速道を含んで18~20km/L。
タンデムで高速などで遠出すると20km/L。

こんな感じなので、まあ少し悪いかなぁ・・・。

山道で6000~7000rpmを回し続けた割りには良いかもしれません。

ちなみに最高速は国内仕様標準時と比べると10km/h遅くなりましたが、
最近はそんなに飛ばさないのであまり関係ありません。

そしてこの寒い山道で超素晴らしかったのが、グリップヒーター。
今回はホンダのグリップヒーターを装着しました。
何故かと言うと、ホンダのグリップヒーターだけがバッテリーの電圧を監視しており、
アイドリング時にはグリップヒーターはお休みして、バッテリー上がりを防ぐのです。
(ヤマハのグリップヒーターはホンダのOEMらしいです。)

グリップヒーター スイッチ

このボタンを押すだけでグリップが暖かくなり最高です!!
温度は3段階調整。
いや~、これはバイクには絶対必需品です~。

右側のスロットルはこんな感じ。

グリップヒーター アクセル側

手が暖かいだけで、なんだか全然寒くないんですよ。
コストパフォーマンス最高!!

絶対お勧めです。

・・・・が、ホンダの何用の流用なのか!?
バイク屋さんに頼んだので分かりません(笑)
関連記事
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.