FC2ブログ
ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりで楽しんでいるスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
新型レガシィ試乗!!
2009-09-01-Tue  CATEGORY: .ちょっと ヨイこと!
こんばんはhiroです。

日曜日にスバルのディーラーへ行きました。

と、言いますのも、

私の愛車、
レガシィツーリングワゴン(BP型5年落ち)の集中ドアロックが壊れて、
助手席の鍵がリモコンで開かなくなったので診てもらう為です。

まあ、この件は結局は部品を取り寄せになったので、
まだ直ってませんけど・・・・・。

しかし、スバルには保障延長というのがありまして、
車検の時にいくらか支払えば、
最長7年までほとんどの故障が無償で修理となるので、
今回も料金はバッチリ無料!!

スバルの新車を買った方は、
絶対に継続した方がお得ですよ~。

そして、せっかくディーラーに行ったので、
新しいレガシィを見せてもらいました。

今度のレガシィは、簡単に言うと
大きくなっていて、
エンジンも2.5Lからのラインナップとなっております。

最初にツーリングワゴンの2.5Lターボで見積りをもらったところ、
ナビとオーディオを付ければ簡単に400万円オーバー(笑)
減税もまったく効かないし。

そこで、そんなにパワーもいらないかなぁ・・・・・ということで、
アウトバック(オフロードっぽいやつ)の2.5Lにサンルーフと安いナビをつけると、
340万円くらい。こちらは結構減税が効いている。

営業マンは
「下取りの値段も出させてください!」
ということで、

出して、もらった金額は・・・・・。

5年落ち、走行距離8万6千キロ、大きな事故なし、タイヤあんまり無しの我が愛車。

そのお値段は・・・・

たったの31万9千円(笑)

既に買ったときの1/10以下のお値段。

これじゃあ、追金300万以上!!
ありえな~い(爆)

2.5Lのアウトバックには、クローズコントロールの設定が無いことと、
2年後くらいに登場するであろう、レガシィハイブリットに興味があるので、
もちろん、このまま車に乗って帰りました(笑)

それにしてもこの値段とは。
ちょっとショックでした。


あ、あまりのショックで、試乗のことを書き忘れちゃった。

一番安い2.5LのB4に試乗しました。
このクラスでは珍しいCVTのトランスミッションですが、
いたって普通で、乗り心地もよく、
あ~、これで十分って感じでした。

なんか、レガシィらしくないけど良い車だと思います。

結構無駄にお金がかかっていて、
ヘッドライトウォッシャーとか付いてるの。
こんなの要らないから、クルコン付けて欲しいわ。


帰りに自分のBPに乗ったら、
乗り心地が硬くてスポーツカーでした(笑)
でも、やっぱり自分の車が良い感じ。

今週修理に持っていくので、
今度は3.6Lかターボに乗らせてもらおうっと。
関連記事
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
ハイブリット
コメントたろさ | URL | 2009-09-02-Wed 00:24 [EDIT]
>レガシィハイブリットに興味があるので

ちょっとエネルギー収支について考えてみて下さい。

走っている車の運動エネルギーの何割かを、電気エネルギーにして一時的に蓄え、それを加速するときのアシストにする。それだけですよね。

その為に、大きな電池、バッテリー、制御回路、機械と大掛かりな仕組みを車に載せています。

モーターを仕組む分、エンジンを小さくしたり、電池の為にウェイトバランスが崩れたり、何より重量が増えたり。

車として大切な部分を大きな犠牲としていますよね。ハイブリットなんて、自動車技術として間違っていると思うんですよ・・・。

そもそもの運動エネルギーはガソリンエンジンから得る訳だし、減速しない限り、電気エネルギーは起きませんし。

インチキじゃないですか。

VWの新型ゴルフ。あっちの方が、正しい技術だと思います。多段のミッションと小排気量のエンジンと加給機。これを精密に制御する。

加給機の技術も、電子制御技術も、それにCVTの技術も日本の方が上のはずなのに、どうした事でしょうね。
コメントhiro | URL | 2009-09-02-Wed 12:32 [EDIT]
エネルギー収支については、

私は完成しちゃった車体に関しては非常に素晴らしいと思いますよ。

だって、今の交通事情だと必ず止まる必要があるから、
運動エネルギーをブレーキの熱ではなくて、
電気として蓄えるのは素晴らしいのでは?

確かに高速道路を80キロでビッタっと走ったら、
全然ハイブリットの意味が無いけど(笑)

それと、車を走りに特化した趣で捉えるとなると、
それは確かに重量バランスが悪くなったりと、
色々なデメリットがあるでしょうね。

だけど、
今のBPのターボと同じ動力性能と直進安定性で、
街中の燃費が5キロから20キロになったとしたら、
私は満足かなぁ~。

峠とかの楽しみはバイクに任せます!!

あとは、ecoかどうかという問題ですけど、
車に乗っている時点で、ecoを推奨できる人間じゃないので、
あまり語っても意味が無いと思いますが、

エネルギー収支の観点から考えると、
ハイブリットシステムやバッテリーを作るためには
余分なエネルギーが必要な訳で、

私が気になるのは、

ハイブリット化に必要なエネルギー < 節約できるガゾリン

であることを願うばかりです。

メーカーはこういうエネルギー効率を公表すべきだと思いますね~。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.