FC2ブログ
ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりで楽しんでいるスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
ボードのメンテナンス講習会へ参加! その四
2007-08-04-Sat  CATEGORY: .スノーボードギア ボードメンテナンス
こんにちは~、hiroです。
少し時間が空いてしまいましたが、スクレイプの方法を説明しましょう。

ホットワックスをかけたら、クリーニングの場合にはすぐにスクレイプを開始、
ベースワックスや滑走ワックスの場合には部屋の温度で一晩置きましょう。

まずスクレパーは、手のひらに収まるサイズの物を使用します。
(もちろん、プラスチックのタイプですよ!)
これはあまり長い物も使っても結局は部分的にしか上手に使えないからだそうです。

私は20cm以上ある長いスクレパーを使っているので、
今度半分に切断したいと思います。

スクレパー用意をしたら、まずはスクレパーのメンテナンスを行います。
スクレパーの角を直角にすることで良く削れるようにするのです。
方法は平らな机の上に大きめの耐水ペーパーを敷きます。
番手は結構荒めで良いでしょう。
そこにちょっと水を垂らして、その上でスクレパーを立てて前後(長い方向)に動かします。
出来るだけスクレパーを垂直に保った方が、角がきちんと90度になります。

また、スクレパーシャープナーという専用の工具も各社から発売されているので、
それを使うのもいいでしょう!
私はHOLMENKOLのシャープナーを使っていますが、う~んいまひとつかも・・・。

スクレパーをきちんと尖らせたら、1枚のスクレパーで4箇所の角を使うことができます。
ボードの大きさにもよりますが、ボード1枚をスクレイプするにあたり、
2箇所の角(スクレパーの片側分)を使用します。

スクレイプする方向は、ボードのノーズからテール方向。
山本さんは、ボードのノーズ側に立ち、
スクレパーを出来るだけ直角にソールに当て、
若干進行方向にスクレパーを倒す方法でスクレイプしていました。

スクレパーを板に当てる時と、
スクレパーが板から離れるときには、
腕の動きは円運動になり、できるだけスクレイプによる段差を無くすそうです。

こんな要領で、ノーズからテールへ、
ソールを傷つけずかつ、ワックスを完全に取り除くまでスクレイプします。

スクレイプが終わったら、
その壱で説明したようにブラッシングを行います。
その壱はこちら

そして最後の仕上げにフィニッシュクロス(ファイバーテックス)を使用すると
ツヤツヤのピカピカになりますよ~。

もしよろしければ、こちらでどうぞ。




その五「ワックスの選び方」へ続く。
その五はこちら

メンテナンス講習会「その壱」はこちら
関連記事
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/12 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.