ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりでチャレンジしているスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
自転車のオーバーホールが超高額!!
2017-06-21-Wed  CATEGORY: 自転車
20170610_040434260_iOS.jpg

自転車通勤を始めて、はや1年。
冬はあまり乗っていませんでしたが、
春は気持ちよく自転車通勤しているhiroです

去年の今頃、どの自転車を買おうかと悩んで、
とにかくブランディングに力を入れていいる「TREK」を選びました。
https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/

このTREKですが、日本では決まったお店にしか卸しておらず、
絶対に定価販売を守らせています。
(独占禁止法に引っ掛からないのは凄いです。)

そして、通信販売をさせません。
部品もお店でしか買えないのです。

お店はTREKのコンセプトを全面に押し出していて、
http://www.chibacycle.com/aboutus/shop_index.php?p=101
TREKのみを取り扱ったコンセプト店を展開しています。

試乗車が各モデル取り揃えてあり、
店員さんに聞いたところ、全てお店の買い取りのこと。

なぜ、このお店が繁盛するのか
どうして潰れないのか

他のブランドを扱うお店では、
なかなか希望のモデルに試乗できません。

こんなに試乗車をそろえても利益が出るなんて、不思議だ~

私のサラリーマンの仕事で扱う商品も割とブランドイメージが確立していると思うのですが、
直営店を作ってもあまり儲かりません。

なのに、なぜ、フランチャイズでこんなに凄いお店を維持できるのか
とても気になったの、このお店でTREKを買うことにしたのです(笑)

買ったモデルはFX7.4というミドルクラスのクロスバイクで、
私のと、カミさんの分の合計2台。

お値段はスタンドなどのオプションを少し付けて1台約9万円。

購入から1年が経過する間に途中で3回の無料点検のはがきが届き、
もちろん自転車を整備してもらいましたが、先日1年点検=オーバーホールの案内が届きました。

自転車って1年でオーバーホールするの
と、思いました・・・・。

しかも、オーバーホールの基本料金が1台16,500円
結構高いです

オーバーホールの内容を確認したところ、
全てのビスを分解して、ベアリングの中の玉の洗浄まで行うそうです。
ちょっと納得。

私たちのクロスバイクには過剰な整備だとは思いましたが、
TREKのコンセプト店のサービスを体感しなければなりません。

思い切って先週、自転車をお店に持ち込みました。
そうすると、傷んでいる箇所が診断されて、部品交換を含めた見積りが出てきました。

私の自転車は1,000kmしか走っていませんでしたが、
通勤で雨に濡れたり、屋外で保管しているので、ブレーキやギヤチェンジ用のワイヤーが錆び始めているとのこと。
チェーンも伸びてきているので交換をお勧めします・・・・ということで、
見積り金額が合計で約28,000円

カミさんの自転車は500km程度しか走っていなくて、室内保管なので傷んでいる箇所は無く、チェーンの洗浄代金だけを追加されて見積り金額は約17,500円(笑)

2台の合計は45,500円
た・高い~
この金額を支払えば結構良い自転車が買えちゃいます。

確かに思ったよりも高いですが、ここでビビッてはいけません。

店員さんに「どうしますか?」と聞かれ、
クールな口調で、「お願いします。」とお願いしました(汗)

それから一週間が経過して、2台の自転車が戻ってきました。
確かにブレーキのタッチが良くなっていますが、
まあ、こんなものでしょう(笑)
※後ほど乗ってみたところ、駆動系が静かになって、シフトチェンジがスムースになって、
確かに良くなってました。もしかしたら、新品の時よりも良いかも(^_^)

8万円程度のクロスパイクを3万円掛けてオーバーホールする人ってどのくらいいるのでしょう

もっと値段が高いロードのバイクで、価格が30万円とかで年間で3,000km位走るのであれば、3万円のオーバーホールは安く感じるのかなぁ
部品代金が本体に合わせて高額になったりして(笑)

こんな感じのメンテナンス代をポンっと支払える人たちが、このような素敵なお店を支えているのではないかと感じました。

私は一つの機械式時計を10年以上愛用していますが、
3度オーバーホールをしているので、年間1万円ほどの維持費が掛かっています。

しかも、一度はメーカーでは無い安い時計店に作業をお願いしたら、その後で水が入って結局は高いものにつきました

良い時計もメンテナンスをしなければ、980円の時計よりも不正確になってしまいます。

自転車も同じなのかもしれません。
きちんとしたメンテナンスを継続して受けることが重要なのです。

良い機械はきちんとしたメンテナンスにお金が掛かる。
しかし、きちんとしたブランドは部品の供給がきちんとしていて、値段が高いけど、時間が経過してもちゃんと元の性能に戻すことができる。

そんなところが、
一流メーカー品の良さなのかなぁ・・・と思いました。

さてさて、難し話は置いておいて、
私の「もの」の評価は、きちんと使い込むことにあります。

言い換えれば、データを取るというのが趣味でして、
その違いを実感した時に、お金を支払って良かったと感じます

私の自転車は1年間はそのまま(ノーマル)で乗ったので、
ここからデータを取りを開始したいと思います
※その為にオーバーホールをして同じ状態を保つことは重要かも。

20170610_042757811_iOS.jpg

まずは、ペダルを交換してみました。
なにやら金具がついています。

そう、この金具はシューズとドッキングする金具です
シューズとペダルがドッキングすると、足を持ち上げる時にも
自転車をこぐことが出来るのです

しか~し、私はまだドッキングできるシューズを持っていません

でも、大丈夫、

20170610_042802478_iOS.jpg

ペダルの反対側は、普通のペダルなんです。
便利ですね~

このペダルとシューズを使って、
これまでよりも楽に速く走ることができるのか

シューズを買ったら通勤時間にテスト開始です
関連記事
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.