ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりでチャレンジしているスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
センサーユニット DuoTrap Sを装着!!
2017-03-11-Sat  CATEGORY: 自転車
ScreenClip2.png

TREKのクロスバイク(私のはFX7.4)は、
DuoTrap Sというスピードとケイデンス(ペダルの回転数)を計測する為の
センサーを簡単にフレームに取り付けることができます。

ScreenClip1.png

DuoTraps Sという商品ですが、
TREKには2種類のセンサーがあるので適合はHPで確認が必要です。
HPはこちら

これをジャスミンから誕生日にプレゼントしてもらったのですが、
本日やっと取り付けを完了することができました

センサー本体は簡単に装着できます。

20170309_050207596_iOS.jpg

フレームに取り付けるスペースが用意されているので、
保護カバーを取り外して、そこにはめ込んでビス止めします。

20170309_051258725_iOS.jpg

スピードを計測するマグネットをスポークに取り付けます。
取り付けるとマグネットがセンサーに近いですが、問題無く取り付けできました。

次にペダルの回転数を計測するために、
マグネットをペダルのアームに取り付けます。

その為にはペダルを一度取り外す必要があります。

20170309_051218088_iOS.jpg

左側のペダルのネジは逆ネジなので、右回しで緩むハズなのですが、
全然緩みません。

レンチを掛ける部分の六角は対辺15mmなのですが、
自動車の整備では使わないサイズなので手持ちがありません。

仕方なくモンキーで頑張ったのですが、どうしても緩みませんでした
※CRCなどをネジにスプレーすると緩みやすくなりますがダメでした(汗)

この日の作業は諦めて、Amazonで専用のレンチを購入。
無理をしないことが重要です。

20170311_024421995_iOS.jpg

昨日レンチが届いたので再チャレンジ
反対側のペダルを両足で挟んで、おりゃ~!!と力を入れます。

意外と簡単に緩みました
やっぱり工具は重要です

お値段は1,500円程度。
これからも自転車に乗るのであれば、持っていて損は無いでしょう。

20170311_025439251_iOS.jpg

ケイデンス用のマグネットをべダルのネジ穴付近に取り付けます。
フレームに白いマーキングがしてあるので、その位置に合わせて取り付けます。

あとはペダルを取り付けて作業は完了

このセンサーは市販のスピードメーターやスマホと接続することができます。

私はiPhoneにRuntasticのアプリを入れて使っています。

センサーとiPhoneはBluetoothで接続しますが、
アプリの設定画面で簡単に繋げることができました。

20170311_030504000_iOS.jpg

速度とケイデンスのマークが緑になって接続を確認できます。

接続できたら早速走ってみましょう

20170311_030001000_iOS.jpg

スピードが15.24kmでケイデンスが80rpmになっていることが確認できます。

このアプリはセンサーを取り付けなくてもGPSによってスピードを測ることができますが、
センサーを取り付けるとスピードの追従が早くなり、
停止を検知して計測を自動的に中断することができるようになります。

センサーには電源のON-OFFは無いので、
しばらく乗らないと自動的に省電力モードになるようです。
(センサーの電池は1年くらいもつそうです。)

ペダルを漕ぐとそれを感知してスマホと自動的に繋がります。

一般的にはケイデンス90~100rpmでトレーニングを行うと
効率的にペダリングできるようになるそうです。

天気が良い日は通勤に乗っていますが、
もう少し暖かくなったらサイクリングへ出かけたいと思います
関連記事
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.