ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりでチャレンジしているスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
カナダ ウィスラーへGo!! 1日目
2017-01-07-Sat  CATEGORY: '16-17滑走記録 カナダ・ウィスラーブラッコム
新年明けましておめでとうございます。

遅いご挨拶になりましたが、
年が明けた1月3日にカナダのウィスラーに向けて出発しておりました!!
※あとで追記することもあります。

20170103_122635382_iOS.jpg

現在のウィスラーは1月6日。
日本との時差は-17時間です。

忘れないうちに、ここまでの出来事を書き留めておきたいと思います。

最初は年末から一週間ほどの日程で旅行を計画していたのですが、
予め旅行代理店(J○B)へ申し込みをしておいたにも関わらず、
予約が取れず・・・・予約待ちへ。

しかも、キャンセルが出ず結局J○Bのオペレータ経由では予約が
できませんでした。

しかし、旅行の発売日にジャスミンがiPhoneを駆使して、
お昼休みにネットで唯一の空きを発見(J○Bのネットですけど・・。)!!

1月3日から1週間のツアーで予約を取ることができました

年末年始はゆっくり休んで体調を整えてから出発
・・・・と思ったのですが、ジャスミンは元旦から喉が痛いと・・・・・・。

葛根湯、風邪薬、のどぬ~るスプレー、栄養ドリンクを組み合わせて、
風邪を喰い止めて今日は元気になっています

20170102_122159386_iOS.jpg

荷物は大型のキャリーバッグx2とボードのキャリングケースx2。
今回はANAを利用したので、
事前の申請にてボード一式は追加料金無しで預けることができました。

飛行機で飛ぶこと8時間半

無事にバンクーバーに到着しますが、
夜の9時過ぎに日本を出発して、到着するとそこは午後2時ごろ。

日付も飛び立った日に戻っていますので、
時差ボケに加えて頭の中が混乱します(笑)

そんなボーっとした頭で入国審査を終えてターンテーブルへ向かうと、
スーツケースはすぐに見つかったけど、ボード一式が出てこない・・・・。

仕方ないので係の人に聞いたところ、
「大きな荷物は別の場所から出てくる」とのことで、
全然違う大型荷物用のコンベアの所に出ていました。
これには注意が必要です

その後、J○Bの人にピックアップしてもって、
30名ほどの日本人と一緒に2台のマイクロバスに分かれて
ウィスラーヴィレッジに向かいます

バンクバーの空港からウィスラーヴィレッジまでは約2時間半。
町の中を走るとお店の看板にはどれも中国語の案内があります。
この辺りは中国人がとても多く住んでいるとのこと。
う~ん、なんか中国に来たみたいな感じ(笑)

しばらくは海岸沿いを走りますが、途中から山を駆け上がります。
時速100kmの制限で対面通行。かなり迫力があります。
しかし、眠気には勝てず、全員熟睡

しばらくするとウィスラーヴィレッジに到着して、
まずはJ○Bの拠点、Jステーションに案内されました。

ここで滞在中の説明を聞いて、
毎日、下山をしたら、安全確認の連絡をするように指示を受けました。

ウィスラー山、ブラッコム山(ウィスラーブラッコム)は
リフトが午後3時に止まります。

ナイター営業はありませんので、
全員下山するのですが、時々遭難してしまう人がいるそうです。

そんな訳で、
戻ってきたらJステーションまで連絡するというルールになっています。

そして、この後に初めてウィスラービレッジへ入って行きます。
時間は既に夜の6時過ぎ。既に真っ暗です・・・が、

なんと、そこはウインタースポーツのテーマパーク

20170108_053555962_iOS.jpg

ディズニーランドと小さな御殿場アウトレットと、
超巨大なスキー場が合体した感じ
素晴らしい~♪♪

キョロキョロしながらホテルへ向かいます。
J○Bのスタッフがチェックインを手伝ってくれるので、
問題無くスムーズにチェックインすることができました

20170107_004625000_iOS.jpg
泊まったのはゴンドラ駅から徒歩3分のThe CRYSTAL LODGE。

フロントの人の英語は早くてネイティブなので、
半分くらいしか聞き取れません・・・・・が、まあ、大丈夫

何かを質問をされて答えると、「パーフェクト!!」って
リアクションされるのですが、
どうもウィスラーのお店ではどこでも「パーフェクト!!」です(笑)
方言なのかもしません

部屋に運んでもらった荷物を開けて、
板をストレージという保管場所へ預けます。

凄いのは入口のスタッフに渡せば、あとははやってくれること。
使うときはスタッフに部屋番号を告げるだけでOKです

20170107_154949366_iOS.jpg

日本でもこういうサービスがあると良いですね

荷物を片付けたあとは、外にご飯を食べに行ったのですが、
凄いたくさんの人でどこのレストランにも入れない感じ。

とにかく眠かったので、
近くのスーパーでサンドイッチを買って食べました。

そして急いでお風呂に入って、
そのまま熟睡・・・・・・おやすみなさい

とっても長い旅行初日でした

2日目へ続く。
関連記事
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.