ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりで楽しんでいるスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
アウトバック BP9になって変わったこと
2017-10-31-Tue  CATEGORY: 車・レガシィ
BP9_2017092422532732c.jpg

レガシィ号がアウトバック(BP9)になって2ヵ月ほどが経過してしました。
やっと体に馴染んできた感じです

そして、似ているけど全然違う車であることが分かってきました。

一番違うのはドライビングポジション。
どうしても左前の距離感が掴みにくい。
車高が高く、シートのポジションも少し高いのですが、
どうしても左の前がBP5と比べて大きく感じるのです。
(実際にバンパーを擦ったので大きく感じて正しいのですが・・・。)

最近はやっと慣れたてきました

そして次に大きく違うのはエンジンとATのミッション。

BP5は2Lターボで5AT。
BP9は2.5LのNAで4AT。

5ATから4ATになってしまうのでちょっと心配していたのですが、
高速道路なども快適で全く問題ありません。
排気量が増えてトルクも増えたからでしょうか?

と、言うのもBP5のターボエンジンは、
スロットルの制御がマイルドかつ低回転のトルクが無く、
スタートからの出だしが、とにかく遅かったです。
パワーバンドに入るとロケットのごとくに加速する感じ

その点、BP9のエンジンはSIドライブというレスポンスの変更機能と
組み合わせることで、フィーリングの調整が出来るようになっています。

20171024_232215454_iOS-1.jpg

[I]はインテリジェントでECOモードのような感じ。
それよりレスポンスが良い[S]があり、さらにレスポンスが良い[S#]というのがあります。

[I]を使ったときに、PB5の初期型のレスポンスによく似ています。
出だしが悪い感じがそっくり。
しかし、パワーバンドに入った時にはBP5とは違ってターボが無いのであまり変わりません。

[S]を使うと、アクセルを踏んだ時の初期の加速がかなり良くなります。
車が軽く感じ、エンジンフィールもとても良いです。
しかし、しっかり踏み込んで高回転まで回してもそんなに速くは無いです。
これはターボエンジンには敵いません。

[S#]を使うと、シフトアップがより高回転になりアグレッシブですが、
車のキャラクター上、必要が無いように感じます。

結果的には普通に街乗りする場合にはBP9の[S]が一番良いです

しかし、普段まったり走るにはアクセルがちょっとシビアなんですよね。
マニュアル車を低いギヤで走ったときに、パーシャルでちょっと気を遣う感じ。

だから、結局のところ毎日の通勤は[I]で走ってます(笑)
ワインディングを走るときは[S]を使えば最高です

そしてちょっとびっくりしたのは、BP9の排気音が結構大きいこと。
エンジンを掛けた直後は水平対向独特の音がします。

BP5は全然静かでした。
タービンが音を遮へいしているのだと思います。

そして燃費ですが、
通勤で使った場合(片道5kmを20分かけて走る)、

BP5は4.8~5.2km/Lでした。
BP9は5.8~6.2km/Lという感じです。

どちらにしても今のエコカーと比較すると超悪いですが、
BP9はBP5よりも20%も燃費が良くなっています

ハンドリングや乗り心地については、
今は履き潰したスタッドレスを装着しているので良く分かりません・・・・。

今後タイヤを交換して違いを感じたいと思います。

そして、BP9になって嬉しい機能がコレ!!

20171025_050617002_iOS.jpg

デュアルエアコンです
BP5はシングルなのですが、スキー場へ向かう時に、
どうしても運転席の足元が暑くて、助手席が寒くなるのです。

今年の冬はこのエアコンで快適に雪国へ向かえそうです

このアウトバック BP9のお陰でスノーボードが更に楽しくなりそうです♪♪

この後はタイヤ交換と地デジチューナーの取付を予定しています。
取り付けが完了したらご報告します!!
関連記事
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
そろそろ冬の準備を始めよう!!
2017-10-29-Sun  CATEGORY: .スノーボードギア マイセレクト
20171029_105229628_iOS.jpg

こんにちは、hiroです。
2017年も冬が近づいてきましたね

今日はジャスミンに誕生日プレゼントとしてグローブを買ってもらいました

誕生日

そう、2017年2月の誕生日プレゼントなのです

使っていたグローブがボロボロになったのですが、
冬に買ったら値引きが少ないので、シーズンオフのこの時期がお買い得。

今日は横須賀へ行く用事があったので、
その帰りに三井アウトレットモール 横浜ベイサイドにある、
Burtonアウトレットへ初めて行ってみました
(前は御殿場にあったのですが、閉店してしまいました。)

去年モデルのグローブは定価から30%OFFということで、
AKのGORE-TEXの一番お高いモデルを選んじゃいました

とっても暖かそう
ジャスミンありがとう

このグローブをつけて、今年も冬山へ出撃

富士山の麓の人工スキー場「Yeti」はいつもより早くオープしたけど、
台風の影響で営業が中断したりと営業苦戦中

今年は雪がたくさん降ると良いなぁ~

そして、なんとも嬉しいのが、
新潟の豪雪地帯でパウダーの聖地、「アライリゾート」がこの冬ついに復活

https://lottearairesort.com/

韓国資本のLOTTEプランドで再建を目指します。
応援を兼ねて行くしかないです

そして夏に行った志賀高原にも行きたいなぁ♪♪

まずは雪が降るのを待ちましょう
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
樹脂バンパーの補修に挑戦!!
2017-10-11-Wed  CATEGORY: 車・レガシィ
こんにちは、hiroです。
前回の更新から20日ほど経過しましたが、
その間に展示会があって東京ビックサイトに4日間いたり、

Fuji.png トレたま

展示会で発表したモノがテレビの取材を受けたりとバタバタしていました。

さらにそのまま姫路でイベントがあり4日間出張して、やっと厚木へ戻ってきました

そんなバタバタする前の話ですが、
実は譲りうけたレガシィ号(BP9)のバンパーを擦ってしまっておりました。

20170910_075043700_iOS.jpg

・・・・と言うのも、どこで擦ったのかはハッキリ分からず。
可能性があるのは、

① 譲って頂いた直後に、路地を右折するときに擦ってしまった。
② 譲って頂いた翌日、会社からのいつもの帰り道に対向車とすれ違う時に擦ってしまった。

この2つなのですが、気が付いたのは後日のこと。
いくら考えても真実は分かりません。

綺麗な状態で譲って頂いたのに、その直後に擦ってしまったのは超ショック。
BP5で15万キロ以上走っても擦らなかったのに・・・・。
BP9で車高が10cmほど高くなったので、車両感覚をミスしてしまいました。
前オーナーの路地裏さん、ごめんなさい

修理しようといつもお世話になっている修理工場へ持ち込んだのですが、
樹脂バンパー(素地バンパー)は修理できません・・・とのこと。

中古のバンパーを探してもらったのですが、どれも素地の部分に傷があるので駄目

新品の場合には、なんとメーカーからは黒い素地の状態で届くので、
工場で塗装する必要があり、金額は約8万円という見積り
流石にこの修理代は高すぎます。

そこで、ネットで樹脂バンパーを修理した人を探してみました。
ほとんどの検索結果では、「樹脂バンパーの修理は無理!!」という結論でしたが、
何名かの方が割と綺麗に補修していました。

そこで、私も自分で直すことにしました

では早速作業開始です!!

20170924_024903270_iOS.jpg

まず、素地部分の傷(ささくれ、バリ)を紙やすりで丁寧に除去します。
素地には模様が付いているので、これを削ってしまうと、ツルツルになってしまい目立ちます。

キズの大きさにもよりますが、#180から#320程度の紙ヤスリを使ってキズの周りだけをヤスリます。
同時に塗装部分も#320番程度のヤスリをかけて、キズのバリを取り除きます。

次はキズの部分をパテで埋めます。
今回は素地部分も塗装部分も線のような傷なので、このような水性パテを使いました。

素地の部分には黒いパテを使用。

20170924_030314826_iOS.jpg

塗装部分にはシルバーのパテを使いました。

20170924_030327838_iOS.jpg

20170924_043845010_iOS.jpg

説明書通りに使えば、キズを埋めて、まわりにハミ出たパテを拭えば、
キズだけが上手に埋まるという説明でしたが、実際にはそんなに簡単にはいきません(笑)
ハミ出た部分が見事に0.1mm程度のパテの膜になりました。

またフォグランプのまわりなどで肉が凹んだ部分はパテで造形して元の形に戻しました。

20170924_045243827_iOS.jpg

素地の部分は元の素材をヤスリ掛けするとピカピカになってしまうので、
頑張ってパテだけを削らなければなりません。

後から分かったことですが、#800の紙ヤスリが完璧でした
#800なら、パテは削れるのですが、素地はほとんど削れないのです

素地部分の余分なパテをできるだけ取り除いたら、次は塗装です。

20170924_061458399_iOS.jpg

バイク用の塗料で、「樹脂ブラック」というつや消しブラックのスプレーがあり、
これがとても良いとのレビューがあったので、これを使うことにしました。

このまま吹くと厚みが増えて、周りにも飛び散るので、

20170430_093131271_iOS.jpg

模型用に購入しておいた、タミヤの安いエアブラシを使いました。
(左側のNSRは今も箱に入っているままです・・・・。)

樹脂ブラックのスプレーを要らないカップ等に吹いて液状の塗料を集め、
それをちょっと薄めてエアブラシにセットして薄くバンパーに吹いて色合いを調節します。

20170924_063030742_iOS.jpg

どうでしょうか?
素地の部分はほとんど分からなくなりました

シルバーの塗装の部分は綺麗に埋めきれず、再度パテ盛りをやり直し。

20170924_061435632_iOS.jpg

パテ埋めが出来たら、きれいに表面を削って平らにします。

そしたら次はシルバーを塗装
もちろんメタリックなので塗装はムラが出やすいです。

今回はシルバーのパテを使い、
削ってもバンパーの素地は出なかったのでサフェーサーは飛ばしました。

純正のタッチペンを薄めてタミヤのエアーブラシを使います。

20170924_071821950_iOS.jpg

どうでしょう、この時点では色はピッタリ。
クリアを吹いて、塗装の境目を少しボカします。

写真の白い部分はシンナーのボトルや布、新聞紙の映り込みです。
綺麗に直ったのではないでしょうか

このように樹脂(素地)バンパーは結構綺麗に直せます
ちょっと手間は掛かりますが、
擦ってしまった方はトライしてみてはいかがでしょうか

しかし、翌朝になって気が付いた事が・・・・・・。
日光の当たり方によっては、シルバーの色合いが結構違いました

素地部分の修復が目立たないだけに、シルバーの色合いがちょっと気になります
素人のDIYでは仕方ないのかなぁ・・・・。

しかし、ここまで直れば、きっと路地裏さんも許してくれることでしょう

BP9レガシは1ヶ月半ほど乗って、やっと体に馴染んできました。
BP5とほとんど同じ車のはずですが、結構違うんですよね
以前よりも乗り心地が良くてお気に入り

次の記事ではその辺りを書き留めておきたいと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.