ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりでチャレンジしているスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
バッジテスト(1級) hiro編 Part1
2007-03-31-Sat  CATEGORY: バッジテスト 1級
3月25日、ついにバッジテスト1級に挑戦しました!
そのときのレポートをお届けします。
長編ですが最後まで読んでくださいね~。

バッジテストを受ける前日。
ショートターンの新しい踏み方に気付き、
「こりゃぁ~、行けるかも」と、思ったりなんかしましたが、
泊まったペンションで朝目を覚ますと、
窓の外は完全に雨、雨、雨・・・・・。
う~ん、先週の天気予報ではセーフのはずだったのに。

しかし、気を取り直してゲレンデへGO!
確かに雨は降っているものの、雪質は結構締まって良い感じ。

何本か足慣らしの後、事前講習を受けました。
事前講習は各級を受験する際に必ず1度は受けなければなりません。
ジャスミンも2級を初めて受験するので、一緒に事前講習を受けます。
1級と2級の事前講習は一緒に行われることが多いようです。

雨が降っているので、
「こんな日に受験する人は私たちぐらいかなぁ~。」と、
思ったのですが、そんな予想に反して2級の人は5人、1級は3人とちょっとビックリ。
ホントみんなスノーボードが好きですよね。

この事前講習というのは、本番同様に滑走し、
検定員の着眼点とアドバイスを頂けるという講習です。

1級の場合には、ロングターン、ショートターン、フリー、エアーの
4種目になりますので、それぞれのアドバイスを頂きました。

ロングターンではもっと角付けを行うこと、
ショートターンでは立ち上がる際にもっと谷側に立ち上がること、
フリーではなかなか良いというお言葉を頂きました。

そして1級で初めてとなるエアーでは、採点の方法を詳しく聞きました。
まず、スタートラインから滑走し普通に素抜けでも飛距離的には70点(合格点)となります。
更に71点の加点を獲得する為には、
前日に顔面を打ったくらい飛ばなければなないことが分かりました。

そして実際にキッカーへトライ!
途中に軽くターンを入れてちょっと遅めのスピードでキッカーへ進入。
板がリップに差し掛かるところで軽く踏み切ります。

そこで頂いたアドバイスは、
踏み切りで蹴る際に、足首で蹴っているというもの。
自分では全然気が付かなかったですが、確かにそうかも!
だから空中で足が前(フロントサイド方向)に行きやすかったのかもしれません。
試しに2本目のトライでは足首を固定する意識をもって踏み切ったところ、
これがかなり調子が良い!
これまで悩んできたことが解決したかもしれません。
そんな前向きな気持ちで事前講習を終えることができました。

時間はちょうどお昼。
検定は午後1時から始まりますが、今日はお昼ごはんを食べずに練習です。

しか~し!
この頃から急激にバーンが緩くなってきました。
検定バーンもかなりモコモコです。

試しにロングターンをしてみたら・・・・・。
うっ・・・・、板がもぐって転倒寸前。
これはヤバイです。

すぐにリフトで上り再び検定バーン上部。
今度はショートターンを試します。
いち、に、いち、に・・・・・あれれ~。
モコモコでやられちゃいます。
これはマズい・・・・。

そんなことを思っている間に、時計は午後1時になちゃいました・・・・。
しかし奇跡的には雨は止んで天気は味方をしてくれています。

検定は2回目以上の受験者も加わりますので、
午前中の事前講習の人数よりも多くの人が受験します。
この日は、2級は5名、1級は4名のチャレンジとなりました。

私のゼッケンは10番。
ジャスミンは21番。

尾瀬岩鞍では2級の人から番号が少ない順に滑ります。
20、21、22・・・・。
10、11、12・・・・。
だからジャスミンは2級の2番手。
私は1級の最初の滑走です。

ジャスミンの滑走はジャスミン編を読んで頂くとしまして、
気になるのは私の滑走・・・。

まずはロングターン。
気を付けた点は板の角付けと上下運動のタイミング。
そして何よりもコケないこと。

トランシーバーから「10番どうぞ!」という声が聞こえて、いよいよ私の出番。
ハイ!っと右手を上げて直滑降を開始。
軽く沈んで、立ち上がって、バックサイド側にプレターン開始。
斜滑降になったところでエッジを切り換えてフロントターンへ。
谷回りから沈み込んで板に荷重していきます。
一杯まで荷重したら、今度はゆっくり立ち上がり、
クロスオーバーでエッジを切り換えたら、今度はバックサイドターン。
これも前半からの上下運動に気をつけます。
ターン後半に立ち上がり始めたところで、大きなギャップに遭遇!
しかし何とかこらえます。
そんな感じでエッジが大きくズレることなく続く3ターンと4ターンを仕上げてゴール!
停止エリア内にきちっと停止。
自分でもたぶん70点かなぁ・・・という感触。

続いてショートターン。
気を付けた点は、前半からの雪面グリップと荷重の方向。
これはスピードを調節する際に、板を谷の方向へズラすのでは無く、
板を横にしっかりと踏むイメージ。
あとは体軸の傾きが変わらないようにという事と谷側への立ち上がり動作。

これも元気良く手を上げてスタート。
数メートルの直滑降の後にバックサイドターンから入ります。
かなりモコモコな雪面ですが、出来るだけ早めにエッジをグリップさせます。
そこから板を横方向に踏む。
いち、に、いち、に、いち・・・・のリズム。
途中でギャップで「ゲポ」っとリズムが狂わされるものの、転倒は無し。
無事停止エリアまで到着することができました。
う~ん、でも正直69点だなぁ・・・この滑りじゃ。

ちょっと肩を落としながらリフトで再びスタート地点を目指します。
すると、たまたま一緒にリフトに乗った人が声をかけてくれました。
「バッジテストですか?」
「あ、そうなんです。」
「何級ですか?」
「1級なんですが、今ショートがいまひとつだったところで・・・・。」
「そうなんですか、じゃあ次は総滑じゃないですか!
 総滑とエアーで加点を出して挽回ですよ。
 実は自分も去年1級に合格したのですが、ショートは69点だったんです。
 でも、総滑とエアーで加点を出して合格しちゃいました!
 だから頑張って下さいね!」
「はい、ありがとうございます。」
と、こんな会話をしながら、
「こりゃ~フリーは目一杯行くしかないなぁ・・・。」と、
思いました。

そしていよいよフリー滑走。
前走者のイントラが滑っていきます。
(もちろん他の種目でも前走してます。)
う~ん、あんまりスピード感無いかも。

そしていよいよ私の番。
やっぱりハイっと元気良く手を上げて直滑降開始。
スピード感を出すためにちょっと長め。
そこからスピードを殺さないように、縦長の弧でショートターン。
いち、に、いち、に・・・・。
う~ん、さっきのショートターンより調子が良いみたい。
さっきもこう滑れば良かったなぁ・・・なんて思いながら、
そこから一気にロングターン。
目一杯のスピードで弧を刻みます。
左右1回づつのロングターンをしたところで、
あれ??
停止エリアまでの距離があまりありません。
ちょっとショートターンが多かったかも!
そんな事を思いながらミドルターンに入ります。
思い切り板に荷重して、弧を切り上げます。
フロントサイド、バックサイド、
あっ!もう停止エリアです。
フルブレーキングで終了。
自己採点では70点。
だって事前講習の時に、先生が
「1級の場合はリフトから見ている人が振り向くほどでないと加点にはなりません。」って
言っていたので・・・。

そして最後はエアー。
1級の人だけでキッカーへ向かいます。
そして1本だけ練習をすることができます。
私は先ほどの事前講習の要領で軽く踏み切ります。
う~ん、いい感じ。
これならきっと70点は行けます。
しかし、頭の中をよぎるのは、
「目指すは加点の71点!」
そうでなければ合格は無いのですから・・・・。

エアーの練習で1本飛んだら、
スタート位置までハイクアップで上ります。
その間中どうしようか悩んでいました。
出した結果は・・・・・。
「やっぱり普通に70点狙いで行こう!」でした。
たとえ今回不合格だとしても、
エアーできちんと70点を出しておくことが、
今後のエアーの自信に繋がると思ったからです。

そしていよいよ自分の番。
毎度ながらにハイっと元気良く手を上げて滑り出します。
途中で軽くターンを入れてキッカーへ進入。
足首を固定するイメージで、
「テイク~オフ!」って。
実は私はいつも「~」の長さでリズムを取っています。
飛距離十分。
ビタ着。
加点ラインには届かず。

これまで飛んだ中では最高の飛びだったと思います。
自己採点は70点。

これでバッジテストは無事終了。
あとは2時45分の合格発表となりますが、
それまでの間はサービスで撮影してもらえるビデオで
自分の滑りを確認することができます。

自己採点ではショートターンが減点なので、
しょんぼりしながらスクールへ戻ります。
スクールに近づくと、遠くでジャスミンが手を振っています。
「どうだった?」
「エアーはバッチリだったけど、やっぱりショートが・・・・・。」
なんて話しながら、合格発表まで二人でビデオを観ることにしました。

ビデオで確認した自分のショートターンは・・・・・。
想像以上にダメですわ。
これじゃ・・・。

Part2へ続く。

Part2はこちら
関連記事
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
久々に家で過ごす休日。
2007-03-31-Sat  CATEGORY: ちょっと ヨイこと!
こんにちは、ジャスミンです。
近所の桜もだいぶ咲きました。春本番ですね~。
今日は、hiroも会社なので久々に家にいます。

でも、の~んびりしているわけではないのです。
ボードにワックスがけをしました!hiroの板と、私のYONEXと
BURTONの板をひっぱりだして、ベースを一回ずつと滑走用を一回ずつ。
塗って、削って、塗って、削ってブラッシング~。
いやいや、腕が疲れました。いつも、hiroがやってくれていました。
ありがとうです。

春になってしまいましたが、まだまだ滑りますよっ!

そして、ワックスがけも終わり、近所のスーパーへお買い物。
本日の夕飯は、肉じゃがに決まりです。
それと、新玉ねぎも買ったのでサラダにしようと思います。
野菜も春野菜がたくさんでていますね。おいしそう!

明日は、桜を見ながら散歩でもしようかと思います。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
協力メーカーさんに助けてもらおうっと。
2007-03-29-Thu  CATEGORY: ちょっと ヨイこと!
こんばんは、hiroです。
今週は・・・・忙しい・・・・です。

ちょっとスノーボードに没頭しすぎたかなぁ・・・・。

いやいや違うんです。

今週末は私の仕事場の引越しが行われるのです。
引越しと言っても同じビルの違うフロアーに移るだけですけど。

今度の仕事場は面積が今の半分。
だから荷物の整理が大変なのです。
毎日夜遅くまで整理整頓。

しかも明日は棚卸し。
朝から晩まで数えます。

そして土日はいよいよ仕事場の引越し。
そんな訳で今週末は滑りに行けません。
あ~、どんどん雪は溶けていくのに。

でも正直なところ、
このところの滑りすぎで膝が限界。
久しぶりに体を休めることができそうです。

そして今週は協力メーカーに仕事を投げて投げて投げて。
助けて~!!
これで少しは仕事が楽になる・・・・はずです。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
バッジテスト(2級) ジャスミン編
2007-03-27-Tue  CATEGORY: バッジテスト 2級
こんばんは、ジャスミンです。
3/25(日)に受けたバッジテストの模様を書きたいと思います。

天気  :雨のち曇り
雪質  :シャバシャバ
気温  :5℃位
板   :'06 YONEX FL
ビン  :'06 Burton LEXA
ブーツ :'06 Burton EMERALD
スタンス:45cm
角度  :F21°R-6°

まず、雨が降るなか午前中に事前講習を受けました。
こんな天気だし、受ける人はいないかも・・なんて思いましたが
2級を受ける人だけでも、5人いました。
頑張って練習してきた人達ですよね、きっと。

そして、ロングターンからはじまりました。
昨日も練習したし、講習が始まる前も練習していたので、
なかなか良い感じでロングターン立ち上がりが出来ました。
インストラクターの方にも、「本番もその調子で!」との事!
う、嬉しい・・・!やったねっ
と、浮かれていたら2本目のロングターンではバックサイドで
ズシャッとコケました。。。やば、本番では気をつけなきゃ。
確か、3級の講習のときもコケたのだったわ。

次に、ショートターンです。
ショートターンは、昨日の練習ではあまりうまくターンできず
リズムよく滑れないし、どうしてもだんだんと右側へ行ってしまう。
hiroにみてもらったら、もっとゆっくりでいいんだよ。と言われ、
やってみるも、なんだか焦ってしまいダメダメターンでした。
講習でも、やっぱりターンが早いらしくインストラクターの方に
あと1.5倍幅を広げてゆっくりターンするよう言われました。
そして、ショートターンでもコケました。うぅ・・・
ショートターン、自信ないわ・・・。どうしよ。

次に、フリー滑走です。
3級にはなかった種目です。できるかしら・・・?
でも、普段滑っているときは気にしなくてもロングからミドルとか
変えて滑っているからきっと出来るはず。うん。
とりあえず、初めにニガテのショート、でロングターンにしました。
これがまた、なかなかうまく出来て「その調子で!」との事!

そして、講習は終わりお昼になりましたが、
お昼は何も食べずに最後の練習をしました。
やっぱり、ショートターンはイマイチな感じ。
でも、もういくらやっても同じです。疲れてしまうだけですね。

いよいよ検定が始まりました!
私は、今回21番!hiroが2級を受けたときと同じ番号です。
3級を受けるときより緊張しました。自信があまりなかったからかな?

そして、ロングターンから・・・。
ターン1回目~、2回~、3回~、あれ?もうすぐ停止エリアだ。
4回~!4回のターンで停止エリアへ入りました。
なんだか、距離が短く感じました。
しかも、停止エリアへ入って一応止まりましたが、前にパタッと
コケました・・・!ヤバイ~!
焦ってすぐに立ち上がったら、足のももがプルプルとケイレンを!
ひゃあ~、緊張しすぎ?とりあえず、すぐにリフト乗り場へ降りました。
あんな所でコケた・・・。

つ、次に、ショートターンです。
お昼に練習したときに、hiroから左の方を見て滑ったほうが良いよ。
とアドバイスをもらったので、左を見ながらターンしました。
そうしたら、まあまあリズム良くスイスイ滑れました!
意外と真っ直ぐ行けたし、okかも。

そして、最後にフリー滑走!
講習のときと同じように、ショートからロングターンへ。
結構うまく出来ました!よかった~、コケずに終わった。

hiroは、このあとエアがあります。
私は、先に下まで滑って一休み。あ~、終わった。緊張して疲れました。
合格発表までの間、今回の検定はビデオ撮影をして頂いてたので
それを見ていました。
自分のを見たら、ロングターンが1ヶ月前と比べてふわふわターン
じゃなく、ちゃんと安定したターンになっていたので嬉しかったです。
ロングターンうまくなったなぁ、私・・・。自画自賛。

そして、合格発表です。
速報でも書きましたが、21番!合格しました!!
は~、やったよ~!えーん。
ロングターン  70点
ショートターン 70点
フリー滑走   70点  合計210点

私、とうとう2級レベルなのね!本当に嬉しいです。
早く2級の認定証こないかな~、ペラペラだけど欲しいな。

今シーズン、まさか2級を取れるとは思っていませんでした。
と、いうより検定を受けるつもりもなかったのです。
3級を受けてみたら?と、hiroにすすめられて試しに受けて、受かって。
そしたら、2級が欲しくなって毎週ひたすら練習の週末。
会社の人には、また今週も行くの!?なんて、遊んでばかり~みたいな
感じでしたけど、遊び気分じゃなく、本気でやっていました。
今回、2級を取れて滑ることにまた少し自信がついて、ついでに
自分にも少し自信がつきました。
頑張ってよかったなぁと思いました。
検定が終わっても、今シーズンまだ終わりじゃないけど、今度は
遊び気分で滑りに行けそうです~。

以上、ジャスミン編でした。


ページトップへ  トラックバック0 コメント2
16たび 群馬県 ホワイトワールド尾瀬岩鞍
2007-03-25-Sun  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 尾瀬岩鞍
結果発表~!!

こんばんは、ジャスミンです。
今日は、予定どおりに検定を受けました!
昨日の練習で、ショートターンがイマイチできなくなって
ちょっと自信を無くしかけたのですが、なんとかなるさ!と
思い、受ける覚悟を決めました。

結果は、ジャスミン2級合格~!
      hiro 1級合格~!!

やりましたっ!とっても嬉しいです。
昨日も、たくさん滑って練習したのでかなり疲れています。。。
でも、結果が最高なので今日は気持ちよくぐっすり眠れそうです。

明日からまた一週間始まります。頑張ってお仕事しなくちゃ・・・!

詳細は、後日書き込みます。
おやすみなさい。

天気:雨→曇り
雪質:湿気雪→シャバシャバ
混み具合:少ない
2006-07シーズン hiro 滑走36日目/ジャスミン 滑走32日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
15たび 群馬県 ホワイトワールド尾瀬岩鞍
2007-03-24-Sat  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 尾瀬岩鞍

雪がシャバシャバです~。

20070324202746
こんばんは~、hiroです。
今日も二人で尾瀬岩鞍にて練習しました。
なんと言っても、明日はバッジテストですからね!

しかし!
バーンの状態は激変。
先週の3月とは思えない極上の雪質から一転、今週は完全なシャバ雪・・・・。
まあ、気を取り直してロングターン。
シャバ雪の中、二人共なかなか良い感じ。
しばらくロングターンの練習をしていたら、尾瀬岩鞍のK’Sスノーボードスクールの
無料ワンポイントアドバイスのサービスが始まりました。

このサービスは土曜日の11時半から30分間、滑りを見てくれて
アドバイスを頂けるというスペシャルサービスです。
もちろん二人でソッコー参加!

まずはロングターンを見てもらいます。
担当のイントラはいつも教わっている先生でした。
二人の滑りは・・・・かなり良くなっているとのこと。
やったね!
二人とも気を良くして、リフトに跳び乗り、
もう一回ワンポイントレッスンへ並びました。

そして2本目はもちろんショートターン!
颯爽とすべれ・・・ません・・・。
雪がモコモコで重たく、先週までの調子はどこ吹く風、ズタボロでした。
続いて滑ったジャスミンも同じくズタボロ・・・。
先生のコメントも
「この前のショートターン特訓キャンプをよく思い出して下さい。」と・・・・。

う~ん、
今までのショートターンの方法ではこのシャバ雪には対応出来ないみたい~。
板をずらす時にモコモコの雪から予想外の突き上げを受けるのです。
そこで作戦を変更してフルカービングを試してみました。
そうするとなんと結構調子良い!
板はカービングしている時の方が言う事を聞くものです。
しかしフルカービングではさすがにスピードが上がりすぎてしまいます。
そこで、前半からカービングしている板を
ちょうどフォールラインに向いた辺りで強く踏んでみました。
すると良い感じで板がずれてブレーキが掛かります。
そうです!
今まで板を踏むのが遅すぎたのです。
まさにこれは先週までのロングターンと同じ。
板は谷回りのところから踏み始めなければならないのです!

う~ん、新たな発見!
明日のバッジテストに間に合うか?
ちなみににジャスミンはこの概念をすぐに取り入れ、とっても良くなりました~!
2級合格しそうです。
頑張ってね!

ちなみに私は不得意なエアーの練習で加点狙いで思い切り踏み切ったら、
久々に顔面を打ちました。(*_*)
「鼻が詰まった~」と思ったら、雪が一杯詰まってました。
こんな調子じゃ明日はどうなることやら。
でも明日も朝から練習して頑張ります!

明日は雨だけどね~。

天気:曇り
雪質:圧雪→シャバシャバ
混み具合:少ない
2006-07シーズン hiro 滑走35日目/ジャスミン 滑走31日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
17日のスクール(バッジテスト対策)のおさらい
2007-03-22-Thu  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 尾瀬岩鞍
こんばんは、hiroです。
先週スクールの内容を忘れないようにまとめたいと思います。

3月17日にバッジテスト1級受験向けのスクールに参加しました。
その時に教わった内容です。

まずはロングターンから。

エッジを切り替える際にフラットの時間を長くとる
エッジを切り替える際に板は一瞬フラットになりますが、
これは意図的にフラットの時間を長く取り、ロングターンを行う練習です。
と、言っても先落としになってはダメでして、板がフラットのまま斜めに滑走して行き、
体を谷側に落とすことで、エッジを切り替え次のターンへ入っていきます。
板をフラットにすることで、斜面(板)に垂直に乗る感覚を覚え、
そこからゆっくりと板を立てることを体に覚えさせる為です。
エッジからエッジへ、急に板を立てるのではなく、
あくまでスムーズなエッジの切り替えをマスターします。

ドリフトターンで上下運動してみよう
カービングターンをしながらの上下運動はちょっと難しい為、
沈み込みと立ち上がりのリズムをつかみにくいです。
そこでドリフトターンをしながら沈み込みと立ち上がりの運動を行います。
遠心力が無いため難しいですが、板の先を谷に落とすときに沈み始める感覚を
体感することができます。
目一杯沈み込んだ状態を5段階の5とすると、
棒立ちは0、ニュートラルポジションは1となります。
滑りながら1→2→3→4→5(板が完全にフォールライン)→
4→3→2→1と数えながら上下運動を行います。

パタン、パタンと、からだ全体で切り返す
エッジを切り返す際にニュートラルポジションからそのまま体軸を傾けてターンします。
膝を突き出したり、お尻を引いたりしてはいけません。
例えばロングターンで膝を入れてフロントターンに入ると、
重心は板のバックサイド側に残ってしまいます。
これでは沈み込む動作ができません。
重心がきちんと板の上にあるからこそ上下運動ができるのです。


ターンをしながら上下運動してみよう
ロングターンを行いながら上下運動を連続して行います。
沈み込んだり、立ち上がる際にエッジの角付けが変わらないように注意します。
もちろん重心は板の真上です。

ターンをしながら軽くジャンプしてみよう
ターンをしながら軽く沈み込み軽くジャンプします。
きちんとジャンプするためには、重心が板の真上に無ければなりません。
上下運動であれば多少のごまかしが効きますが、
真上にジャンプすれば本当に正しく乗れているかが分かります。

空中でエッジを切り替える
ロングターンでエッジを切り替える際に、ジャンプして切り換えます。
例えばバックサイドでジャンプした際にはトゥ側のエッジで着地するわけです。
これは出来ればクロスオーバーした直後に、
完璧に体軸を谷側に落とせていることが分かります。

1級のロングターンの着眼点は、
谷回りのときにどれだけエッジに乗れているか。
スムーズで動作量の多い上下運動ができているか。
この辺りが重要となるそうです。

次にショートターンですが、
これは先日のショーターン特訓キャンプの内容と同じです。
詳しくはこちらをご覧下さい。

私のショートターン課題は、上下運動を行うとフロントサイドの
エッジングが安定しないことです。
フロントサイドターンの際に体軸が傾かないように体を反ったような感じになると思いますが、
この状態で沈み込むのは大変難しいのです。

それと、体が板に置いていかれないように前足方向にしっかりと立ち上がり、
体を谷方向へ落としていくことも重要だと思います。

今週は土曜日に練習を行い、日曜日はバッジテスト。
気持ちよく滑れるように頑張りたいと思います!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
11たび 静岡県 スノータウン Yeti
2007-03-21-Wed  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 Yeti
真夜中にこんばんは~。
20070321042410
今日は会社の人と一緒にYetyのオールナイトに来ています。
時刻は午前4時過ぎ。
ジャスミンは家で寝ています・・・きっと。

ゲレンデにはまだ多くの人がいます。
気温はマイナスでリフトに乗っているとかなり寒いです。
だからバーンもかなり硬い感じ。
みんなで楽しく滑っています。
あともう少し滑りたいと思います。
お店は朝まで営業しているので温かいココアを飲んでます~。



朝5時まで滑って戻ってきました~。
その後、お昼過ぎまで寝まして、やっと起きました・・・・。

Yetiのゲレンデの営業はAゲレンデとBゲレンデ上部と下部のパーク、
Cゲレンデ(21日まで)ですが、Aゲレンデの積雪は1m近くあり、
4月1日の最終営業日まで十分に滑れるでしょう。(4月21日現在)
Yeti_20070320_1

そして明け方のYetiはさすがに空いていました。
シーズンパスポートを持っていれば、
朝5時頃にやってきて、そのまま10時頃まで滑れば、
バーンも締まっていて、人も少なく最高ですね~。
Yeti_2007020_3

早朝の富士山は雲がかかることも無く綺麗に見えました~。
Yeti_20070320_2

Yetiのオールナイトもこの日で最後。
恐らく日本で一晩中滑れるのはYetiだけでしょうから、ホント恵まれた環境ですね。
今シーズンもYetiに感謝です。
来シーズンも日本一早くオープンしますように。

天気:雪→曇り
雪質:圧雪+表面降雪
混み具合:少なめ
2006-07シーズン hiro 滑走34日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
14たび 群馬県 ホワイトワールド尾瀬岩鞍
2007-03-18-Sun  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 尾瀬岩鞍
こんばんは、hiroです。
携帯からの速報です。

今、関越道の渋滞にはまっております。
そう、週末は岩鞍に来ておりました。
ジャスミンとバッチテストを受ける予定だったのですが・・・・・・、
やっぱり来週に変更しちゃいました~。

私は昨日スクールに入ったのですが、あちこちに問題が発覚!
本日は練習して、来週にかけることにしました。
ジャスミンもロングターンの上下運動が足りない為
来週の受験に変更となりました。

そんな訳で朝から練習していたのですが、
な、な、なんと!
路地裏男さんが応援に来てくれたのです!
びっくりしましたよ~。
ホント!!

それなのに、来週の受験に変更してしまい、ごめんなさい。
それなのに練習に付き合って頂き、素晴らしいアドバイス、
本当にありがとうございます!
来週は頑張ります。

そういえば、本日はお彼岸。
渋滞情報は川越まで2時間以上・・・・。
いつ、家に戻れるのかなぁ~。

20070318193907.jpg



こんにちは、ジャスミンです。
今日も、ロングターンの練習です!頑張らねば!
もっともっと早めに体軸を倒して、エッジを切り替えるようにします。
谷側に自ら体を倒して落ちるようにするのは、ちょっとコワイですね。
なかなかすぐには、できるようになりませんね・・・。

でも、嬉しい事に路地裏男さんが現れていろいろとご指導して頂きました!
ありがとうございました。
路地裏男さんの滑り方をお手本に、2人とも頑張りました~!
うまいよね~、さすがだね~!と、見とれてしまいました。
私も、あんなふうにカッコよく滑れたらいいなあ。
いや、いつかなります!ハイ。

そして、午後の3時くらいにはだいぶ早めにエッジを切り替えることが
できるようになってきました。よし、この感じだ~。
そこからの沈み込みも、2人に教えてもらったのでだんだんと
どっしりとしたターンになってきました。
でも、フトモモがもうピクピクしています。
最近は筋肉痛じゃない日がないかも。
来週こそは、2級にチャレンジです!

天気:雪
雪質:圧雪+降雪
混み具合:ちょっと多め
2006-07シーズン hiro 滑走33日目 / ジャスミン 滑走30日目

ページトップへ  トラックバック0 コメント5
13たび 群馬県 ホワイトワールド尾瀬岩鞍
2007-03-17-Sat  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 尾瀬岩鞍
20070317_尾瀬岩鞍

こんばんは、hiroです。
今日も二人で尾瀬岩鞍にやっていきました。
目的は明日のバッジテストに向けて最終調整です・・・・が、
ダメです、この状態では受けられません・・・・。

今日は私はバッジ検定対策のスクールに入りました。
そこでロングターン、ショートターンを徹底的に見てもらったのですが、
得意としているはずのロングターンがダメダメ。

何がダメかと言いますと、
ターンのバランスが全然ダメなのです。

根本的にターンはS字ですよね。
ロングターンをする場合には上下の運動が重要視される訳ですが、
板がフラット時には体は伸び、
S時のフォールライン(真下)に板が向いているときに最も板に荷重して
小さく沈む訳です。

しかし私の場合には板がフォールラインに向かったころに、
やっと沈み始めていたのです。
この場所は本来最も沈んでいなければならない場所なのに・・・・。

そして遅れて沈むので、立ち上がるのも遅くなり、
次のターンを開始しなければならないので慌てて立ち上がる・・・。
こんな悪循環のサイクルに陥っていたのです。

では、早めに沈み込みを開始する為にはどうすれば良いのか?

それはクロスオーバーして体軸を速やかに谷側に落とすことが重要なのです。
そしてこのときに、例えばフロントサイドターンに入る場合、
膝を入れてエッジを切り返してはダメなのです。
体軸をパタンと倒さなければ、その後に素早く沈み込むことはできません。
膝を入れてエッジを切り返すと、重心が板の上から外れるので、
沈み込むことは不可能なのです。
それでは、せっかく早くエッジを切り返せても意味がありません。

そしてこの現象はジャスミンも全く同じだったのです。

二人でお互いの状態をビデオに撮り確認したところ、
二人とも明日の検定を見送ることに決めました。

確かに検定に合格することは重要ですが、
本来の目的は綺麗に、そして上手に滑ることです。
自分が納得できない滑りで受験しても意味が無いと思うのです。

明日はこの点に注意して練習して克服したいと思います。


こんばんは、ジャスミンです。
この日、私は検定対策を受けなかったので、一人でもくもくと
ロングターンの練習をしていました。
ふわふわのターンでは安定感もなく、たちあがりもできていないので
その二つを意識してやりました。
けど、何回やっても同じ。なんだか、イマイチできない・・・。
そして、3時になりhiroのスクールが終わったので、みてもらいました。
そしたら、次のターンに入るときのエッジの切り替えとターン中の
踏み込みのタイミングが遅いとの事。
初めは、え~??て感じでしたが夜にビデオで確認してみたら、
確かに遅すぎるわ・・・。かなりダメダメターン。
こりゃ検定は受けられないや・・・。明日も練習しなくちゃ!
ビデオをスローにして見ると、ダメな所もよくわかりますね。

あと、ハプニングがありました!
私のビンディング右のキャップストラップのストラップが
切れていたのです!
VFSH0816.jpg


ど、どうしよ。もう滑れないよ~
11時半ごろ気づいたので、お昼まで滑らずにショップでストラップ
を探したりしましたが、そんなのは売っていません。。。
お昼休みになり、半泣きでhiroに言ったら「スペア持ってきているよ。」と!
うわ~ん、良かったぁ。なんて準備が良いのでしょ。
お昼を食べてからすぐに交換しました。
hiroのおかげで午後からも無事練習できました!
そして、3時になりhiroもスクールが終わりおつかれ~なんて
言いながら、hiroのストラップは平気かな?と思い、
見てみたら同じ右側が切れていました!大変!!
右側のスペアはもう無いし・・・困ってしまいました。
残るは、左側のみ。でも、同じカタチ・・・
もしや、裏返しにしたら付くのでは?やってみました、バッチリです。
あ~、良かった、良かった。焦りましたね~
これで、2人とも明日また練習ができます。

天気:晴れ→雪
雪質:圧雪
混み具合:ちょっと多め
2006-07シーズン hiro 滑走32日目 / ジャスミン 滑走29日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
初 山梨県 ふじてんスノーリゾート
2007-03-16-Fri  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 ふじてん
ふじてんスノーリゾート

こんばんは、hiroです。
今日はこのブログにも遊びに来てくれているJunさんと
初めて一緒に滑りに行きました~。
なんと本日は有給なので、ジャスミンは仕事です。

場所は富士山のふもとのふじてんスノーリゾート。
うちから2番目に近いスキー場かもしれませんね~。
平日なのでリフトは2本しか動いていませんでしたが、
メインは高速クワッドなのでペース良く滑ることができました。
バーンはがっちり圧雪されており、整備は抜群です。

そして今日はJunさんのカービングターンマスター講座を開催。
どうしてもカービングがズレてしまうそうなので、その原因を徹底追及!

最初の2時間くらいでだいぶカービングターンになってきました。
その後も滑る、滑る、滑る・・・・・。
夕方のリフトが終わる頃には、かなりカッコイイカービングターンなりました!

Junさんにも喜んでもらえたみたいなので良かったです。
やっぱりスノーボードはカービングターンができると一気に爽快感が増しますね~。

Junさん、一杯練習してカービングを極めてくださいね!

天気:雪/曇
雪質:圧雪硬め
混み具合:少なめ
2006-07シーズン hiro 滑走31日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2月11日 初めてのバッジテスト ジャスミン編
2007-03-13-Tue  CATEGORY: バッジテスト 3級
こんばんは、ジャスミンです。
大変遅くなりましたが、3級のバッジテストのレポートです!
思い出しながら、書いてみましょう。
進行具合は、一緒に2級を受けたhiroと同じです。

天気  :雪
雪質  :モコモコ→圧雪
気温  :-2℃位
板   :'06 YONEX FL
ビン  :'06 Burton LEXA
ブーツ :'06 Burton EMERALD
スタンス:45cm
角度  :F21°R-6°

まず、午前中に事前講習を受けました。
3級を受ける私は、ロングターン、ショートターンと見てもらいました。
ロングターンでは、もう少し腰を落としてどっしとした滑りをすると良い、との事。
ふわふわ~とした滑りになっていると言われました。
確かにそうなんです。イマイチhiroみたいにがっつり感がでません。
特に、フロントターンの時はなかなか足首に力が入れられず板に乗せられている感じです。
そして、4,5回のターンで停止エリアの所まで行くのですが、4回でターンを終わりにして
横滑りで停止エリアへずりずりと入ったのですが、本当はあと1回分ターンができるくらい
残っていました。
先生から、ちゃんとあと1回分ターンしてから停止するように言われました。
やっぱりですか・・・ははは。
決まった距離で4,5回のターンをする・・・結構難しいのです。
前日に、練習してhiroに見てもらいましたが初めは6,7回のターン
になってしまいました。練習しておいてよかったです。

ショートターンは、3級の場合カービングになっていなくても良いので
短いターンができればokです。
なのに、私はあせっていて早く滑らなければ!と思っていて、はちゃめちゃのターンになり、
転びました・・・。転んだら、検定も没。まだ練習でよかった。
先生から、もっとゆっくりでいいですよ。との事。えっそうなの?!そうなんだ。
ゆっくりのリズムで転ばずに滑れば良いのです。

講習では、3級の受験者はひとり。他の3級の人のレベルが分からないので、
私って3級レベルに達しているのかしら??とちょっと不安になりました。
とにかく、絶対に転ばないようしよう!と決めて、お昼にラーメンをすするのでした。

午後からいよいよ検定。ふぅ~、キンチョーです。
検定時間になっても、やっぱり3級は私ひとり。
3級から滑るので、1番手は確定です。もう、なるようになれ!
ロングターン、ショートターンとも1回ずつしか滑れないのも実は今日この日に知りました。
1回きりに賭けるのね・・・

そして、検定が始まりロングターン。えいやっ!と、気合を入れてなんとか4回でターン、
あやしい距離を残して停止エリアへ。
続いて、2級受験のhiroが2番手なので、見ていたかったけどこの日はリフトが混んでいる
ために、さっさと下へ降りました。
きっと、うまく滑ってるよね・・なんて気にしながら。

リフトでまた上にあがったら、もう1級の人まで終わっていて検定員の方が
受験者があがってくるのを待っていました。
すぐに私からショートターンです。
教わったとうりにゆっくり、焦らずにぎゅ~と板を踏んでターン、ぎゅ~と踏んでターン。
なかなかリズム良くできました。
真っ直ぐに滑れたし、良かったぁ~。
これで、3級は終了。フリー滑走はないので、合格発表の時間まで自由です。
hiroはまだ頑張っていますが、お先に失礼してコーヒーでも飲んでホッと一息つきました。
そのうち、hiroも終わって2人で休憩。
合格発表なんて、免許取るとき以来です。ドキドキしますね。

というわけで、初めてのバッジテスト無事に終了しました。
結果は、hiro編にも書いてありますが2人とも合格です!
私、3級のレベルなのね~なんて思ったりして、少し自信がつきました。
ん~、まあ所詮3級なんだけども・・・。でもでも、嬉しかったです。

次は、2級に挑戦するつもりです。なので、まだまだ練習してふわふわしたターンを直して、
カッコよく滑れるようになりたいです!

以上、ジャスミン編でした。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
ラーメンと野球とスノーボードのブログをご紹介!
2007-03-13-Tue  CATEGORY: ちょっと ヨイこと!
こんにちは、hiroです。
先日素敵なブログを発見しました!

ブログの名前は、
「ラーメン大好き草野球馬鹿の日々」
・・・・なのですが、スノーボードの話題も満載です。

メインはラーメンと野球のお話なのですが、
冬はスノーボードの話題がたくさん紹介されています。

管理人の路地裏男さんの色々な趣味や興味が、
なぜか私と共通してる・・・・。
他人事とは思えないんですよね~。

実は先日尾瀬岩鞍でお会いして一緒に滑ることが出来たのですが、
滑りはとても上手でブログのイメージ通りの方でした。

そして、その次の日のバッジテストで見事1級に一発合格!
おめでとうございます!

バッジテストのポイントやレポートも充実していますので、
これからバッジテストを受ける方は参考になりますよ~。

ほとんど毎日更新されていて楽しい話題が満載!
オススメの「ラーメン大好き草野球馬鹿の日々」はこちらから。
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
ショートターン特訓キャンプレポート2日目!
2007-03-12-Mon  CATEGORY: .'06-07キャンプ  ショートターン特訓
こんばんは、hiroです。
ショートターンの完成を目指して、
忘れないうちにショートターン特訓キャンプ2日目の模様をレポートします!

2日目の目的は、1日目の基本動作を元にショートターンとしてまとめ上げることです。

まずは昨日の復習。
レールターン膝、レールターン腰、先落とし&足場作りを行いました。
ショートターンはこれらの動きを上手く繋げれば完成するはずです!

動きとしては、
前足に荷重して先落とし→腰の動きでエッジに角付け→
カービングターン→スピード調節しながら足場作り→
前足に荷重して先落とし・・・・・と繋がるわけです。
検定向けのターンとしては、先落としの際に前足に荷重する場合、
立ち上がり動作を入れれば完璧!!なはずです。

そうなると次に大事なのは上半身のブロッキングです。

ここで丸秘アイテムをご紹介しましょう。
それはゴルフバッグの中に入れて使う網状のクラブ立てです。
赤や青なんかがあると思いますが、これを半分くらいに切断します。
2日目のキャンプはこの棒が大活躍しました。

棒を横に持ってショートターン
上半身を進行方向にひねり、両手で棒を持ちフォールラインに突き出してショートターンします。
腰の部分から下は基本ポジションのまま、上半身だけ進行方向に目一杯向けます。
このときに棒を両手で水平にして、出来るだけ棒を動かさないように滑ります。
実際にはそこまで前を向く必要はありませんが、ブロッキングを大げさに行うことで、
体にそのイメージを覚えさせます。

棒を縦に持ってショートターン
今度は棒を両手で縦に持ち、先ほど同様に上半身を前方に向けて滑ります。
剣道の竹刀を垂直に立てるイメージです。
上半身をブロッキングするという意味では同じですが、
先ほどの棒を横にもつトレーニングより更に難しくなります。

棒を背中に差してショートターン
今度は棒を背中に差してショートターンを行います。
棒をジャケットの首の所から垂直に差し込み、棒の先が頭に軽く触れるようにします。
そのままの格好でショートターンをする訳ですが、
頭が常に棒に接触してるように気をつけます。
ちょっと気を抜くと頭が棒から離れて猫背や頭が下がった姿勢になってしまいます。
棒と頭の接触を意識することで、体軸が曲がらないようにするトレーニングが行えます。

棒を横に持ってフラットスイングターンのイメージでショートターン
これはちょっと上級者向けらしいのですが、
棒を横に持って体をフラットスイングターンの様にひねりながらショートターンを行います。
実際にはショートターンでこんなに体を逆にひねりながら滑ることはありませんが、
大事なのは体をひねったあとに、ビョ~ンと体が元に戻ろうとする力を感じることです。
ショートターンをする際に正しく上半身をブロック出来ていれば、
下半身がよじれて同じように戻ろうとするのです。
この力を上手く利用すればターンの回転数をどんどん加速させることができるのだそうです。
う~ん、正直私にまだ分かりません・・・・。

ジャンプターン
これは棒を持っても良いのですが、かなり難しいので最初は棒を持たなくてもOKです。
階段を下りて行くかのように、ジャンプしてショートターンを行います。

バックサイドでジャンプ→板を回す→フロントサイドで着地→
フロントサイドでジャンプ→板を回す→バックサイドで着地・・・・。
こんな感じにリズムよく・・・・・そう簡単にはいかないです~。
ポイントは足場を瞬間でシッカリ作ってジャンプすることです。

ここまでは普通のショートターンのトレーニングでしたが、
最後に番外編として抱え込みのショートターンを教えてもらいました。

抱え込みのショートターン??って何。

これはここまで練習してきたことを全て打ち壊すターンなのです。
まず板がフラットなときに膝を抱え込んで小さくなります。
そこから足を伸ばすようにしてフロントサイドターン。
伸ばした足を抱え込んで板をフラットにしてクロスオーバー。
そこから足を伸ばしてバックサイドターン・・・・と。

通常の立ち上がりのショートターンとは全く逆の動きなのですが、
イメージできるでしょうか?

普通は板がフラットなときは立ち上がっている状態。
そこからターンを開始して、沈み込みながら板に荷重をして足場作る。
足場が出来たら立ち上がり板をフラットに。
そして再び前足に荷重して先落とし・・・・・。

ね、逆の動きでしょ。
まあ、もちろん抱え込みターンは真似事しかできませんでしたけど・・・・。

こんな感じでショートターン特訓キャンプは楽しく終了となりました。
素早い動きのショートターンを一つ一つの動きに分解することで、
それらの動きを理解することができました。
もちろん理解したことをすぐに実行出来る訳ではありませんが、
習った様々なトレーニングを続けることで
綺麗なショートターンが完成するという確信を持つことができました!

頑張って練習してショートターンをマスターするぞ!

1日目前編(その1)はこちら
1日目後編(その2)はこちら
3月3日~4日 ショートターン特訓キャンプ in 尾瀬岩鞍のレポートのトップはこちら
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12たび 群馬県 ホワイトワールド尾瀬岩鞍
2007-03-11-Sun  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 尾瀬岩鞍
こんばんは、hiroです。
今朝はいつもとはちょっと違う場所で目を覚ましました。

う~ん、ちょっと寝たり無い・・・・感じ。
だって車の中だからね~。

と、言うことで昨晩は1年ぶりの車中泊!
そう、とっておきのスペシャルアイテム、
「マルチカーテン」を使用してみました。

興味のある方は下記の画像をクリック!



ちょっと前に購入していたのですが、なかなか使う機会が無かったもので。

ちなみに我ら"いっしーず"の愛車はレガシィワゴン。
ですからレガシィ用のフロントセットとリヤセットを購入しました。
小さく畳んだ状態はこんな感じ。

マルチカーテン

ちなみに車は尾瀬岩鞍近くの片品村の駐車場に駐車。
きれいなトイレもあるし、山の中にもかかわらずテレビがバッチリ映ります。

早速このマルチカーテンを取り付けてみると、
さすが車種別専用設計!
全てのウインドウにジャストフィット。
しかし、ちょっと問題が・・・・。
リヤウインドウなど電熱線やアンテナ線がある部分にちょうど吸盤が重なると、
取り付けてしばらくすると吸盤が外れます。
できるだけその場所を避けるか、吸盤用のベースシールを貼ると良いでしょう。

レガシィワゴンのカーゴルームはリヤのシートを倒せば完全にフラット。
身長が170cm以下の人であれば完全に足を伸ばして眠ることができます。
ジャスミンを二人なら横のスペースもほとんど問題なし。
二人とも寝袋に入って就寝となりました。

そしてこのマルチカーテンの威力は絶大!
外からの光はほとんどブロックし、窓からの寒気も防ぎます。
まさに自分の部屋って感じですね。
お陰さまで今回はかなりぐっすり眠ることができました。
ま、もちろんホテルのベッドには劣りますけどね。
取り付けと取り外しがちょっと面倒くさいけど、
車中泊を快適にしてくれるおススメアイテムです。

そして、いよいよ朝。
窓の外は雪です!
いや~毎週雪が減っていく中、ほんと嬉しいです。

早速ゲレンデへ向かうと、結構積もっていました!
昨日はあたり一面茶色の地肌でしたが、かなり「ホワイトワールド」になっています。

20070312尾瀬岩鞍

すぐにゴンドラに乗って山頂へ。
いや~パフパフの雪が20cm位ですかね~。
雪の結晶がハッキリのみえる乾燥した軽めの雪です。
尾瀬方面のスキー場は新潟側に湿気の多い雪を落とした後の雲が来るので、
結構パウダーなんですよ!

そんなパウダーのノートラックの斜面に自分の軌跡を残します。
久々の浮く感じ。
音も無くス~ッと滑っていきます。
あ~、スノーボードって最高!
検定のターンがどうのこうのとか言っている場合じゃないんです~。

こんな感じで1時間ほども滑ると、残念ながらどこもモコモコのバーンになります。
そこで奥の西山に移動してみたものの、超吹雪。
リフトも止まるしこれは駄目です・・・・。

仕方ないので穏やかなゲレンデへ戻り、ショートターンの練習を行いました。
バックサイドターンからフロントサイドターンへ入る瞬間、
クロスオーバーから腰を入れてのエッジの切り替え。
今日はこれに絞って練習を行いました。

途中でビデオを撮って確認しましたが、
私もジャスミンもかなり体軸の傾きが改善された感じです。
もちろんまだまだ完成にはほど遠いのですが、
このイメージをいつも忘れずに滑っていきたいと思います。

いや、昨日からの滑り込み、今朝のパウダー、そしてまた滑り込み。
あ、足がもうダメダメです~。


こんばんは、ジャスミンです。
土曜からショートターンの練習でしたが、足がピクピクしてかなり疲れています。
ゴンドラに乗りミルキーウェイを滑ったら、太ももが痛~!
でも、そんなこと言っていられません。朝から雪が降っているのに!
雪景色を久々に見れて、わくわくしちゃいました。
で、昨日のショートターンの練習では、足場作りや、レールターンをもう一度hiroに
教わりました。ニガテだったフラットスイングも、やっとできるようになりました。
できるようになると、急に楽しくなってきたりして!単純・・・
ショートターンも、だんだんそれらしくなってきたのであとは、体が板に置いていかれないように積極的に前足に乗るのを忘れずに・・・ハイ。
そして、モモはパンパンになりました。

天気:雪→曇り→時々晴れ
雪質:パフパフパウダー→モコモコ→人力で圧雪
混み具合:ちょっと多め
2006-07シーズン hiro 滑走30日目 / ジャスミン 滑走28日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
11たび 群馬県 ホワイトワールド尾瀬岩鞍
2007-03-10-Sat  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 尾瀬岩鞍
20070310尾瀬岩鞍

こんばんは、hiroです。
今日もジャスミンと一緒に尾瀬岩鞍で滑りました!
目的はもちろん先週のショートターン特訓キャンプの復習です。
朝から習った基礎練習を行いショートターンの完成を目指しました!
ポイントは体軸の傾きをできるだけ無くし、
バックサイドターンでもフロントサイドでも体の傾きが一定になることです。
腰、膝のレールターンでは体軸の傾きはよくなり、
最後にショートターンのビデオを撮りました。
今ご飯を食べながら確認したのですが・・・・。ガーン!
全然治ってないではありませんか・・・。
しかもジャスミンも全く同じ症状です。
う~ん、困りましたね~。
ビデオを何回もコマ送りで見て、腰を入れてのクロスオーバーを研究です。
明日も尾瀬岩鞍なので、必ず克服しますよ~!

天気:晴れ→曇り
雪質:ガリガリ→ちょいシャバ
混み具合:少ない
2006-07シーズン hiro 滑走29日目 / ジャスミン 滑走27日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
ショートターン特訓キャンプレポート1日目! その2
2007-03-07-Wed  CATEGORY: .'06-07キャンプ  ショートターン特訓
こんばんは、ジャスミンです。
引き続きキャンプレポート1日目の続きを書きたいと思います。
ゲレンデの雪も午後になると、さらに雪が溶けてきているので
リフトで上のゲレンデへ上がり西山ゲレンデのしらかばコースで行いました。

足場作り(0°10°30°45°)
横滑りからの停止をターンの動きの中で行うトレーニングです。
ドリフトターン中に両足で板をしっかり踏んでズレを止めて、足場を作ります。
足場ができることで、前足に乗って先落としを行いやすくなり、
クロスオーバーからのエッジの切り替えが素早くできるようになります。

0°10°30°45°というのは、足場を作った時の板の位置です。
角度が斜めになるほどしっかり板をふまないとエッジがずれてしまいます。

足場作り0°
0°の足場作りでは、先落としをしてターンを開始と同時に板を横にします。
体は板の真ん中に乗り、しゃがんでしっかりエッジを立て停止します。
雪面にエッジの線がはっきりと残るくらいに板を踏みます。
しっかり足場を作れたら、また先落としをして停止と
フロントサイドとバックサイドを繰り返し行います。
フロントサイドでは、停止した時に体が内側に倒れないように気をつけます。
なかなかバランスをとるのが難しく、私はすぐ内側に倒れて手をついてしまいました。
フロントサイドでしっかり板を踏むことができなかったので、また練習しようと思います。

足場作り10°30°45°
10°30°45°の足場作りは、0°の時より少しずつ板を斜めにして
板のズレをしっかりと止めます。
止めるというのは、フォールラインに対してのズレを止めるという意味で、
板に角度が付いていれば、板と体は自然と斜滑降になります。
先ほどの0°とは違い板は少し斜めになっているため、
板をさらにしっかりふまないとエッジがずれてしまい、
きちんときれいに斜滑降になりません。
両足でしっかり踏んだら、次は積極的に前足に乗りエッジを切り替えてターンします。
前足に乗るということは、自分から谷に落ちてゆくような感じで
慣れるまで少々怖いですが、これができるようになならないと
素早いエッジの切り替えしができないので頑張って前足に乗ります。

以上、これらの練習を繋げてショートターンにする為には、
先落とし→レールターン(腰)→レールターン(膝)→
横滑りからしゃがんで停止の足場作り45°(スピード調節)→
前足荷重(先落とし、立ち上がり)→クロスオーバー 
となります。

これらの動きを素早く繰り返すことでショートターンになってゆくのです。

1日目のトレーニングを終えて、かなりクタクタでした。
今までやったことのない滑り方もあり、
うまく出来ずについてゆくのが精一杯でした・・・。
ショートターンを分解すると、たくさんの動きを素早くしなければいけないのだと思いました。
しかし、私の頭の中にはちゃんと全部理解できていなかったので、
hiroにほとんど教えてもらいました。
ありがとう~ぺこり。
そして、体に覚えさせるにはたくさん滑らないと・・・です。
でも、雪がなくなるほうが早いかも~!

1日目前編(その1)はこちら
3月3日~4日 ショートターン特訓キャンプ in 尾瀬岩鞍のレポートのトップはこちら
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ショートターン特訓キャンプレポート1日目! その1
2007-03-06-Tue  CATEGORY: .'06-07キャンプ  ショートターン特訓
こんばんは、ジャスミンです。
ショートターンキャンプ1日目の様子をレポートします。

尾瀬岩鞍の天気は最高!
雪はシャバシャバでしたが、私たちを含めて5人で楽しく講習を受けました。

最初に板の真ん中に乗ることの重要性の説明を受けて、
基本姿勢のチェックを行いました。
何をするにも、こ頭が板の上にあり、体軸がボードの外側に
外れていないことが重要ということです。

では、早速トレーニングを開始!
ショートターンを構成する、一つ一つの動きを分解して、
その習得を目指します。

それでは、練習内容ごとに説明します。

横すべりからしゃがんできっちり停止
足場作りの為のトレーニングです。
両足で板を踏んでしっかりとした足場を作ることを目指します。
横滑りを開始して、板の中央に乗って、左右均等にに荷重していきます。
荷重すると共に少しずつ腰を落とし、
板が左右ずれないようにまっすぐ滑り停止します。
どちらかの足に多く荷重すると板はその方向へ滑っていってしまいます。
フロントサイド、バックサイドとも繰り返し練習します。


横すべりからしゃがんできっちり停止して軽くジャンプ
同じく足場作りの為のトレーニングです。
両足で板を踏んで足場を作ったあと、
足場が出来ていることを確認する為に軽く真上にジャンプします。
足場がきちんと完成していれば、安定してジャンプすることが出来るでしょう。


テールスイング
カービングをマスターするためにカービングターンとは違うのターンをやってみます。
二つのターンの違いを理解するためのトレーニングです。
前足に荷重して後ろ足を左右にふりながらターンします。
板のノーズを軸として、テールだけが動く運動です。
このテールスイングももちろんショートターンなのですが、
今回はカービングショートターンの習得を目指すので、
このテールスイングにならないように気をつけましょう。


フラットスイング
同じく二つのターンの違い(カービングターンとの違い)を
理解するためのトレーニングです。
板の中心に乗るのはカービングターンと同じですが、
ターンする方向とは逆に上体をひねる反動で板をまわしてターンをします。
体はねじられた状態のターンとなります。
カービングショートターンであれば、
ノーズとテールが両方とも同じ弧を通過するように運動しなければならないので、
このフラットスイングもカービングとは違った運動になります。
ショートターンでこのよに完全に体をひねった状態にはなりにくいですが、
上級者になると多少このひねりを使って回転数を上げることができるそうです。
その際に、ひねり過ぎにならないようにするという意味も含めて、
このフラットターンを練習すると良いようです。


先落としバックサイド、フロントサイド
クロスオーバーのためと上下運動の為の練習です。
前足にしっかり体重をのせて、体をひねったりせずに自然にターンします。
ポイントはテールが浮くほどに前足に荷重すること。
沈み込んだ状態から前足方向に立ち上がり運動を行うことで、
急な斜面において、体が後ろに置いていかれることを防止する為です。
また、板をフラットにして先落としを行う瞬間は、
もちろん体が板(斜面)に対して垂直になるわけですから、
ショートターンで言えば、板と体がクロスオーバーする瞬間ですから、
その感覚を養う為のトレーニングもなるわけです。


レールターン(膝)
カービングターンと、エッジをめいっぱい立てるトレーニングです。
腰の位置を低く構え、上半身や腰を固定して膝の曲げ伸ばしだけで
ショートターンを行います。
膝を使ってのターンは、バックサイドでは膝を伸ばし限界までエッジを立てます。
そこから徐々に膝を曲げて自分の下を板が通過して
板がフラットになったところでエッジを切り替えます。
そして更に膝を曲げてエッジを立て、フロントサイドのターンを仕上げますが、
膝が雪面につきそうなぐらいに膝を曲げることができれば完璧です。
ポイントは頭の位置が上下左右に動かずに、
膝から下だけの運動でショートターンをフルカービングで行うことです。
暴走しやすいので最初は緩斜面で行い、徐々に回転数の向上を目指しましょう!


レールターン(腰)
クロスオーバーのためのトレーニングと、エッジの切り替えを腰の動きだけで(出したり、引いたりで)行うトレーニングです。
先ほどのレールターン(膝)とは逆に、膝は完全に伸ばし、
背筋もピンと伸ばします。
その状態で直滑降から腰を前後(エッジのフロント側、バック側)に動かし、カービングターンを行います。
素早くフロントターンに入る為には、腰だけを前に(フロントのエッジ側に)
突き出す必要があります。
この海老ぞりになる姿勢が非常に重要で、
体軸を傾けないショートターンに繋がっていくわけです。

とりあえず、今日はここまでです。
また明日続きを書きます~。

つづき(その2)はこちら
3月3日~4日 ショートターン特訓キャンプ in 尾瀬岩鞍のレポートのトップはこちら
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
3月3日~4日 ショートターン特訓キャンプ in 尾瀬岩鞍
2007-03-05-Mon  CATEGORY: .'06-07キャンプ  ショートターン特訓
こんばんは、hiroです~。
ショートターンをマスターすることを目的とした、
「ショートターン特訓キャンプ」に二人で参加しました!
尾瀬岩鞍のK'sスノーボードスクールが毎年開催する人気のキャンプです。

まず、「キャンプって何ですか?」って思われると思いますが、
スノーボードで言うキャンプとは、テントを張って野宿するキャンプとはちょっと違います。
いわゆる合宿に相当するトレーニングの事なのです。

今回のショートターンキャンプは2日間の泊まりがけで行われ、
1日あたり午前2時間、午後2時間の1日合計4時間の講習を受けます。
そして1日目の夜にはビデオミーティングがあり、1日の反省と指導を受けることもできるのです。

ジャスミンは基本トレーニング中心の1日目に参加、
私はそれに加えて、ターン完成までを目指す2日目にも参加してみました。

では、ここで質問です。
ロングターン、ミドルターン、ショートターンとターンの弧は小さくなりまが、
ミドルターンとショートターンの違いって何ですか?
私にもこの2つのターンの違いはハッキリとは分かりませんが、
今回のキャンプに参加して、自分なりの答えを見つけることができました。

いきなり結論かもしれませんが、その答えは!

ミドルターンとロングターンは体軸がターンと共に内側へ倒れますが、
ショートターンは常に体軸が垂直なターンである・・ということです。

体軸とは、背中から頭のてっぺんにかけて真っ直ぐに通る軸という意味です。
う~ん、イメージが伝わるでしょうか・・・・・。

今回のキャンプではショートターンの動きを分解して、
それに必要な動きを一つずつ習得するという流れでした。

ショートターンを完成させるために必要な要素とは?

1.積極的なクロスオーパー
2.カービング要素
3.シッカリとした足場作り

さらに検定を目指すのであれば、
4.上下運動(荷重と抜重)
といったところが重要となります。

ではどんな練習をしたのでしょうか?
ジャスミンに思い出しながら教えてもらいましょう。

ジャスミンの1日目のレポートはこちら
hiroの2日目のレポートはこちら
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
10たび 群馬県 ホワイトワールド尾瀬岩鞍
2007-03-04-Sun  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 尾瀬岩鞍
も~、クタクタ~。

こんばんは、hiroです。
やっと岩鞍から戻ってきました。
ゲレンデの雪解けは進むものの、
関越道方面のスキー・ボードの人出は結構多かったです。
お陰さまで帰りの高速は大渋滞でした・・・・。

ところで、週末は「ショートターン特訓キャンプ」というものに
参加して来ました。
とっても素晴らしい内容でこの二日間だけでも結構上達したと思います。
足はパンパン、体はクタクタなのでキャンプの内容は後日レポートします!
ご勘弁ください。

天気:晴れ
雪質:シャバシャバ
混み具合:少ない
2006-07シーズン hiro 滑走28日目 / ジャスミン 滑走26日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
9たび 群馬県 ホワイトワールド尾瀬岩鞍
2007-03-03-Sat  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 尾瀬岩鞍
こんにちは、hiroです。
回想日記でございます。

先週は週末が仕事の為滑れず、1週間半ぶりの尾瀬岩鞍に行ってきました。

今回の目的は「ショートターン特訓キャンプ」に参加すること!
2級のバッジテストではショートターンは69点の減点状態。
これはなんとかせねば!!
と、いうことで今日は1日目のキャンプを終えました。

基礎練習がメインだったので、足はパンパン、筋肉はプルプル。
明日はどうなることでしょう~。

気になるの1日目のキャンプレポートはジャスミンが書いてくれています。

ショートターン特訓キャンプのレポートのトップページはこちら
ショートターン特訓キャンプ1日目のレポートはこちら
ショートターン特訓キャンプ2日目のレポートはこちら

そして本日は初めて岩鞍ハウスという
スキー場のゲレンデ内に建っている宿泊施設に泊まりました。
見た目には合宿所なのですが、部屋や施設は綺麗にリフォームされており
かなり快適に過ごすことができました。
料金も安く、基本的には素泊まり(ミニキッチン付き)ですので
色々な使い方ができそうです。
また、食事が必要な方は別料金で付けることもできるので、
普通のホテルとして利用することも可能です。

岩鞍ハウスのHPはこちら

ゲレンデの中に建っているだけに、駐車場からちょっと遠いのが残念ですが、
また利用してみたいと思います。

天気:晴れ
雪質:カチコチ圧雪→シャバシャバ
混み具合:少ない
2006-07シーズン hiro 滑走27日目 / ジャスミン 滑走25日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/03 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.