ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりでチャレンジしているスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
初! 北海道 ニセコ東山 
2006-12-31-Sun  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 ニセコ東山
北海道3日目は東山へGO!
ニセコ東山

朝目を覚まして窓の外を見ると、まだ雪が降っていて、
「こりゃあ完全にパフパフに違いない!」と言うことで、
朝ごはんを食べたら急いでゲレンデへ向かいました。

まずはグランヒラフのゴンドラで途中まで上り、
その後もリフトを乗り継いで上部までやって来ました。

今日は頂上までハイクすることが可能でしたが、
新雪が50センチ位あるのでちょっと滑り降りる自信が無く、
リフトを降りたところから滑り始めました。
次回は挑みたいですね・・・・。

ニセコのパウダースノーはホントに軽くて板が完全に沈みます。
沈んでも板がそんなに重くないのでそのまま進んで行けます。
ゲレンデ上部は結構な斜度がありますが気持ち良く滑れます。
しかし、あちこちに小さな木があるので避けようとすると、
バランスを崩して雪の中へ・・・・。
そりゃあもう雪まみれ。

あ~~!それでも超気持ち良い!

これがニセコのパウダーなんですね。
大自然のパワーを感じました。

その後は連絡路を歩いてニセコ東山へ。
添付の画像は東山のゴンドラの上側のステーションです。
この時はちょっとだけ晴れたのですが、あとはず~っと雪が降っていました。
東山は全体的に人が少なく、
プリンスグループが経営を断念してしまうのも仕方ない感じがしました。
でも、圧雪エリアは綺麗に整備されており人も少なく初心者には最適だと思います。
オススメです~!
午後には新雪も踏み固められてボコボコで少し滑りにくくなりましたが、
そんな荒れたバーンを練習してみました。

明日はアンヌプリスキー場へ行ってみたいと思います。

2006-07シーズン 年間滑走13日目
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ふたたび 北海道 ニセコグランヒラフ
2006-12-30-Sat  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 ニセコグランヒラフ
北海道2日目もニセコグランヒラフを満喫
ニセコグランヒラフ 蟹ラーメン

スッキリ目覚めて窓の外を眺めると気持ちの良い快晴!
夜のうちに雪も結構積もってゲレンデのコンディションも回復していそう。
ご飯を食べて早速出発です。

今日から三日間は全山共通の通し券を買いました。
これで他の東山やアンヌプリへ繰り出す予定です。

とりあえず本日はグランヒラフを散策!
まずはゴンドラに乗り込んでゲレンデの左端を目指します。

雪が大分降ったものの、麓のコースはアイスバーンでまだ少し土が見えます。
ですから板をやられないように気をつけて滑らなければなりません。

しかし!上の方は違います。
ふかふかのパウダースノーが溢れ、
無音の浮遊感満点の滑りを楽しむことができました!

その後はリフトを乗り継いでゲレンデの右端を目指します。
そちらは花園エリアと言ってちょっとやさしいコースがあるように感じました。
更にゲレンデの外も滑走可能で、木の間を縫って新雪を喰らうことができます。
まだちょっと新雪が足りないのでたまにアイスバーンでガリっと音がしますが、
なかり気持ちが良かったです。
スノーボードに適したコースだと思います。

そしてお昼ご飯はこの花園エリアのカフェで頂きました。
メニューはズバリ!
「カニラーメン」です。
丼の代わりが、なんとすり鉢で、大きなカニがたっぷり載っています。
味は味噌で麺も最高!
最近食べたラーメンでは1番です!
ちなみにお値段は1,000円ですが、絶対にオススメです。

お昼ご飯の後はビデオを録りながら滑りましたが、
雪が強くなったので早めに切り上げました。
だって明日は最も良いコンディションになりますから~。
夕方からは温泉に入ってのんびり過ごします。
明日が楽しみ!

携帯から書き込んでいますが、読みにくかったらごめんなさい。
後で修正します~。

2006-07シーズン 年間滑走12日目
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
初! 北海道 ニセコグランヒラフ
2006-12-29-Fri  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 ニセコグランヒラフ
20070223194421.jpg

ついにやって来ました北海道!
朝、家を4時に出発して6時半の飛行機で新千歳空港へ。
そこからバスに乗り換えて約2時間半。
ちょうどお昼ごろにニセコひらふ地区の宿泊先へ到着しました。
ラッキーなことに既に部屋が空いていたこともあり、早速宿にチェックイン。
そのときにフロントの人から聞いたのですが、
「先日の雨で雪が減って、しかも昨日は晴れ。
今日は凍ってコンディションかなり悪いです・・・・。
気を付けて行って来て下さい。」とのこと。
せっかくニセコまでやって来たにもかかわらず、暖冬の影響がここまでヒドイとは。

今日の天気は小雪で道端にはパウダースノーが積もっているのに・・・・。

まあ、着替えてとりあえずグランヒラフへ向かうことにしました。
ヒラフ地区の宿からは無料のシャトルバスにのってゲレンデへ向かいます。
これは15分から20分間隔で運行されているので結構便利です。

寒い中、シャトルバスを待つこと約20分。
やっとバスがやってきて、憧れのグランヒラフに到着です。
ゲレンデはアイスバーンのようで、皆さんガリガリいわせながら滑っています。
確かにゲレンデのコンディションは悪く、
ゲレンデの上部は強風でクローズドになっています。
回数券(ポイント券)を購入か5時間券かで迷いましたが、
結局5時間券を購入しゴンドラへ乗り込みました。

ゴンドラに乗って中腹まで上っていくと、もう完全に吹雪いています。
まあ、それでも気合を入れて滑走開始です。

スー、ガリガリガリ・・・・・。
う~ん完全に凍っています。
視界も悪いし、所々雪は少ないし最悪ですね~。
せっかくここまで来たのに。
ちょっと残念。

やっとのことで麓近くまで滑って戻ってくると、
風も弱く雪も風で飛ばされず残っていて少しマシな感じです。
そんな訳で麓の短いリフトで何本か滑っていたら、
ゴンドラが強風で運休になってしまいました。
その後も何本か短いリフトを滑りましたが、
明日に期待して今日は早々に引き上げることにしました。

こんな感じの一日でしたが、今日はOGASAKA FCがとっても調子が良かったんです。
ターンで板が戻ってくる感じがピッタリで「乗れてる?」ってカミさんに聞いたら、
「雪が良いからじゃない?」って言われちゃいました。
でも、これはかなり期待できると思います。

まあ、初日はこんな感じでしたが、今も雪が降り続いているので、
明日はバーンの状態もかなり改善されると思います。
早く寝て、早起きして頑張りたいと思います。
それではまた明日!

2006-07シーズン 年間滑走11日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
Burton Wheelie Locker

重量ぎりぎりです~。
明日からの北海道トリップに向けて、どうにかパッキングが完了しました。
航空会社に預けることができる荷物は一人15kg、機内持ち込みで一人10kg。
国際線の場合には、スノーボード一式を含めば、
どの航空会社でも大体30Kgまで預けることが出来ます。
それに比べると国内線は苦しいですね。

では、簡単にパッキング内容を説明しましょう。
まず、ローラー付のボードケース、Burtonの"Wheelie Locker"。
これには私のOGASAKA FC、カミさんのYONEXの板とビンディング、
二人のウエア上下&プロテクター(ケツパッドなど)を入れました。
私のビンディングを入れずに重さは約18kg。

そして次にローラー付のトラベルバッグ、Burtonの"Wheelie Double Deck"
これには二人の着替えや靴下、ゴーグル、手袋、そしてカミさんの
ブーツなどを入れました。
重さは約13kg。
この二つのバッグを預けます。

そして更に機内持ち込みが出来るローラー付のバッグ。
これには私のブーツやパソコン、洗面道具、ドライヤーを入れました。
重さは約8kg。

そして最後にリュック。
これには私のビィンディング、ビデオカメラ、小物を入れました。
重さは約6kg。

しめて北海道スノーボードの旅4泊5日分となりました。
おそらくこれでオーバーチャージになることなく、
飛行機に乗れると思います。

明日の出発は午前4時!
もう寝なくちゃ・・・・・。
ニセコは雪が一杯降りそうですが、低気圧の勢力が強いので、
強風でゴンドラが止まらないことを祈ります!

滞在する宿はネットに繋がらないと思いますが、
携帯から日記を更新しますのでお楽しみに!
では、行ってきま~す。
関連記事
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
OGASAKA FC ソール

あなたのソールは大丈夫?
かぐらを滑った後、北海道の出発に向けて板のメンテナンスを行いました。
エッジは小さな傷が入ってしまったので、ヤスリやオイルストーンでバリを取り除きます。
部分的には多少凹んでしまっていますが、
凹んでしまったものはしょうがないので気にしないことが肝心。
幸いソールには大きな傷も無く、HOTワックスをかけたら綺麗になりました。

それでは、本日添付した画像を見てください!
これはソールに金属のスクレパーを当てている様子です。
中心からエッジに行くに従って光が透けているのが分かりますか?
これはソールがセンターを中心にして盛り上がっていることを示しています。
こんな状態をコンベックスと言います。
そして、逆に中心が凹んでいる状態をコンケープと言います。

普通新品の板のソールはフラットです。
しかしながら板は使用するに従って体重により板の中心が削れて
コンケープになっていきます。
そうすると、エッジが雪面に引っかかりやすくなり、
エッジングが敏感になったり、
逆エッジをくらいやすくなったりして滑りにくくなります。

私のOGASAKA FCは新品のときはもちろんフラットでしたが、
チューンナップに出したことで若干のコンベックスに仕上がったようです。
おそらくFCは乗るのが難しいので、乗りやすくチューンナップされたのでしょう。

あなたも自分の板のソールを確認してみてください。
もし、コンケープが酷いようであれば、チューンナップした方が良いかもしれません。

準備しなきゃ!
29日から北海道へ出発しますが、今回の目的地はニセコです。
そろそろ準備を始めなければなりません。
と、言うのも、29日の飛行機が羽田発6:30なんです!
明日だけでは準備しきれないですよ・・・・・。


それにしても、集合時間の5:30に羽田に着ける人って限られますよね。
ホントうちは神奈川県で良かったです。


航空会社はJALに決まりまして、
預け荷物は一人15kg。
その他に手荷物は一人10kgまでOKです。
スノーボード一式プラス着替えなど全て詰め込んで、
う~ん、何とか収まるでしょうか・・・・・。


これから頑張ります~。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今年初! 新潟県 かぐらスキー場
2006-12-24-Sun  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 かぐら
パウダーパフパフ!
20061224_かぐら

ついに行ってきました、
天然雪!


雪不足の影響で厚木から日帰りで行ける滑走面積が広いスキー場はかぐらと丸沼高原ぐらいしかありません。
今日はメンバーも揃ったので思い切ってかぐらへ行くことに決定!
メンバーは私の師匠のKB先輩、ちょっと年上のMさん、先日板を購入したK君。


私は午前4時にK君を迎えにアパートまで行きました・・・・・・が、
彼は寝ているようで来ません・・・・。
仕方ないので他の二人と先に合流し、再びK君のアパートへ。
実は彼の部屋が何号室か誰も知りません。
そこで私は会社の社員名簿を自宅まで取りに帰って、
K君の部屋を調べ、皆で彼をたたき起こしました・・・・・。
これが彼の不幸な一日の始まりになってしまうとは、
このときは誰も思いませんでした。


全員揃って、いざかぐらへ。
幸い道は空いていて、7時半頃にはみつまた駐車場へ到着。
ここには雪はほとんどありません。
天気は曇り。
そしてゴンドラは通常より30分早い運行開始により、
ちょうど運行が開始されました。
急いで着替えてゲレンデへ。


ゴンドラから降りると、そこはまさに雪国でした。
天気は小雪。
しかも、新雪が10cmくらい積もっていて、
いきなりパウダーがお出迎えです!
「あ~来て良かった!」って叫んじゃいました。


そして板は本日おろす、OGASAKA FC。
そして、いよいよ初の一本目です!


「うぁ~気持いい!」


ホントそれだけ!
これがスノーボードの醍醐味ですね~。
板は確かに硬いですが、KissMarkの板よりはちょっと軟らかいかも。
KissMarkの板で練習したお陰か、やられることもなく普通に滑れます。
結構脅されていただけに、以外です。
でもなんだかフィーリングがKissMarkに良く似ているような・・・・・。


バーンは新雪ということもあり、すぐにモコモコになってしまいました。
そうなると私は結構苦手です。
イエティの人工雪の圧雪バーン慣れている為、非常にギャップに弱いのです。
やっぱり大自然の中のスキー場は違いますね。
大げさですが、大自然と戦うって感じ。
同じ状況は二度と無いわけですから・・・・・。


その後は、みつまた→かぐら→田代へと、
ゴンドラとリフトを乗り継いでツアーしてみました。
せっかく大きなスキー場に来たのですから、
こんな遊び方をしないと損しちゃいます。

f:id:Ishikun:20061225235311j:image


広いゲレンデを滑りまくり、
くたくたになるまで自然の雪を楽しむことができました。


それから、後半は結構板に乗れるようになりましたが、
FCの性能は今ひとつ良く分かりません。
私の力不足かもしれませんけど。


それよりも、
KB先輩が今年購入したBurtonのCustomがすごく良さそうに見えました。
やっぱり私にはCustom位の軟らかい板が合っているかも・・・・。
いや!今年は絶対にFCで頑張りますよ!


コースは一応積雪80cm。
ほとんどのコースは滑走可能。
ゲレンデには普通に雪がありますが、
連絡通路は所々草やブッシュがあります。
新品の板だと多少やられました・・・・。
どうしても傷を付けたくない人は使わない方が良いでしょう。


そして夕方、心地よい疲労感と共に下山。
すると、K君がポツリ一言。
「財布が無い・・・落とした・・・。」
財布にはカードやキャッシュカードが入っていたため、
全員で各カード会社の緊急連絡先を携帯で検索。
4件も連絡する破目となりました。
皆さんも、滑るときの貴重品には注意しましょう!


そして今週の金曜日からついに(初)北海道トリップです!
雪もいっぱい降っていますし楽しみです~。


2006-07シーズン 年間滑走10日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
必殺のチューニング??
2006-12-23-Sat  CATEGORY: .スノーボードギア ブーツチューンナップ
自分でブーツをチューンナップ

私の足首はどうしても右足が細いようで、
右足のかかとが浮きやすい。
そこで、自分で微調整をしてみました。

この日記を読んで下さっている方の中には、
サーチエンジンの検索で、「かかとの浮き」でヒットして
やって来てくださる方が実は多いのです。
そんな方の参考になればと思います。

まず必要となるのは、自分で切り貼りできるインナーパッド。
3mm程のスポンジに両面テープがついているような物です。
ところが、ちょうどヨイ物がなかなか手に入りません。
ちなみに私はここで買っています。↓(アフィリエイトじゃありませんよ~。)

http://www.bayleaf.co.jp/main/


SNOW→bipへ進みます。

私が買ったインナーパッドには何種類かの型紙が付属しています。
それを元に、インナーパッドの裏面に形を写します。

f:id:Ishikun:20061223141725j:image


次に写した形に合わせてはさみで切り抜きます。

f:id:Ishikun:20061223141837j:image


そして、これをインナーブーツに貼り付けます。
貼り付けたあとは、剥がれないようにテープで固定するのがポイントです。

f:id:Ishikun:20061223142044j:image


う~ん、簡単ですね!
これで完成です。
先日、Yetiの滑走で早速試してみたのですが、
かかとの浮きがかなり改善されました。
98点というところでしょうか。

このインナーパッドはとても便利で、
甲の部分の高さを調整したり、
ガングリオンで痛い部分を保護したりと、
色々な用途に使用できます。

ブーツのフィッティングでお困りの方は
是非一度お試しください。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
横浜ディナークルーズ
2006-12-22-Fri  CATEGORY: ちょっと ヨイこと!
横浜ディナークルーズ
今日は12月16日の出来事を書きたいと思います。
この日は本当に一杯楽しいことがありまして、
その回想日記の第一弾です。

昼間はK君のスノーボードを買いに行ったのですが、
夜は横浜へ向かいました。
うちのカミさんの誕生日がこの12月で近いもので、
誕生日のプレゼントに何が欲しいかを聞いたところ、
「横浜の夜景が見たい!」とのこと。
横浜で夜景がきれいに見えるスポットやレストランを探したのですが、
なかなか横浜の夜景を全体で見えるところはありません。
しいて言えば、首都高のつるみ翼橋かベイブリッジといった感じです。
と、考えれば、海の上からならば、きっと綺麗に見えるはず!
そんな訳で、横浜港のディナークルーズを探すことにしたのでした。

そして、私が選んだのは、山下公園から乗船できる、
マリーンシャトルのディナークルーズです。
コース料理を楽しみながら、約90分間で横浜港を一周します。
ちなみに料金は大人一人、6,000円(平日は5,500円)。
詳しくはこちら↓

http://www.yokohama-cruising.jp/plan/dinner_s.html


このマリーンシャトルはカジュアルな感じなので、
そんなに洋服に気を使う必要もありません。
実はマリーンルージュという、もうワンランク上の船もありまして、
本当はこちらを希望していたのですが、残念ながらすでに予約が一杯でした。
こちらの船は豪華でちゃんとしている感じです。

では、マリーンシャトルのディナークルーズのインプレッションです。
夕方の6:30に出航するので、6:00頃に山下公園に到着します。
窓口で予約していることを告げ、代金を支払います。
6:20になると乗船が開始されます。
こんな感じの中型船です。

f:id:Ishikun:20061222230457j:image


チケットを持って船内に入ると座席に案内されます。
基本的には4人分のテーブルをカップルで使用し、
窓側を向いて二人は並んで座ります。
カジュアルなテーブルですが、席はゆったりとしていて素敵です。

席に着くと次は飲み物を注文します。
基本的に飲み物は別料金で、レストランと同じで単品で注文し、
伝票が付いてきます。

そんな事をしていると、船はすぐに出港しますが、
実は、この船は赤レンガ倉庫前と港みらいにも停泊して
お客さんを乗せます。
ただし、潮が高い場合には山下公園からだけの乗船になるので、
注意が必要です。

船が港みらいへ向かっている間にも容赦なく料理は運ばれてきます。
コースには肉料理と魚料理のコースがあり、予約の際に事前に
希望を伝えます。
今回私たちは二人とも肉料理を選択しました。
この場合には前菜が魚、今回はサーモンで、
スープ、パン、ステーキ、シャーベット、コーヒーが付いてきます。
料理は結構おいしくて、ステーキもなかなか美味しかったです。

そんな感じでディナーを頂いていると、
船はベイブリッジをくぐって沖へ出て行きます。
そして、ディナーを食べおわったら3Fへ行って外へ出てみましょう。
天気が良ければ、綺麗な星空と横浜ランドマークタワー、コスモワールドの
観覧車を中心とした素敵な夜景を見ることができます。

f:id:Ishikun:20061222231907j:image


とても素敵な夜景で、奥様も大満足でしたよ。
料理やサービスを総合して、なかなか素敵でお勧めできると思います。

そして、もうすぐクリスマスですが、
あなたも彼女にこんな素敵な夜景をプレゼントしてみてはどうでしょう。
きっと効果バッチリですよ!
(クリスマスのお値段は特別で、今年はもう一杯みだいです・・・・・。)
とっておきのデートコースとしてメモしておくことをお勧めします。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
凄んごい車でドライブ!
2006-12-19-Tue  CATEGORY: ちょっと ヨイこと!
凄んごい車でドライブ!
今日は普通に会社に行っていたのですが、
会社の会長(と言ってもまだ50代の若い会長です。)からドライブのお誘い。
会長はマセラッティのクワトロポルテという車にお乗りになっていて、
このF1マチックが非常に素晴らしいので、
是非興味のある社員に乗ってみて欲しいという企画なんです。

マセラッティはフェラーリと同様に現在はFIATの傘下です。
フェラーリはバリバリのスーパーカーを作っていますが、
マセラッティは見た目はおとなしい高級車で、
中身はスーパーカーみたいな車を作っています。
エンジンはV8の4.2Lで最高出力400馬力のモンスター!
ミッションはフェラーリから供給される
F-1マチックというセミオートマシステムを搭載しています。
これさえあれば、誰でもシューマッハと同じ速さでシフトチェンジ出来るという
超凄いシステムです。
クワトロポルテの詳細はこちら↓

http://catalogue.carview.co.jp/MASERATI/QUATTROPORTE/latest/overview.asp


東名高速で運転させて頂いたのですが、
まずは外でエンジン音を聞いてみます。
なんと排気音ががフェラーリなんです。
う~んこれだけですごく素敵!
早速運転席に乗り込んで、右のシフトパドルを手前に引きます。
これでギヤが1速に入りました。
サイドブレーキを外して、ゆっくりアクセルを踏み込みます。
すると、自動的に半クラッチ状態になって車はゆっくりと進み始めます。

そして加速車線へ。
まずはオートマをAUTOモードにしているので、自動的にシフトアップしていきます。
難なく本線に合流して、車の感じを確かめます。
ちょっと慣れたところで、アクセル少し踏み込み
左のパドルを引いてシフトダウン!
車は何かに弾き飛ばされたかのように加速します。
う~ん、凄いトルクです。
タコメーターは一気に吹け上がるので、
間髪入れず右のパドルを引いてシフトアップ、
ほんの一瞬加速が途切れ、あっという間にシフトアップ。
普通のオートマのようなトルコンが滑るような感じではなく、
ガツッと繋がって加速が続きます。
気分は完全にF-1ですね~。

続いてそこから左のパドルを引いてシフトダウン。
アクセルが自動で煽られて、ブリッフィングしながら
ギヤが落ちていきます。
ホント気持ちいい~。

シャシーは剛性感高く、直進性抜群。
足回りはヨーロッパ車に共通する硬め。
運転している人がドライビングを楽しめるセッティングです。

内装は自由に色が選択できる本皮仕様。
うちの自宅の値段よりも高い訳ですから、
そりゃ~もう動く応接間です!

こんな凄い車を運転できることは、ほとんどありませんから
ホント素敵な体験ができたと思います。

そして実は私の目標のひとつはフェラーリを買うことなんです。
私もその車が似合うだけの成功を収めたときには、
是非購入したいですね~。
とっても夢が広がった一日でした!

あ、お昼ご飯もご馳走になりまして、
会長様本当にどうもありがとうございました。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
OGASAKA FCが帰ってきました!
2006-12-19-Tue  CATEGORY: .スノーボードギア ボードメンテナンス
OGASAKA FCが帰ってきました!
OGASAKA FC 06.12/19

チューンナップに出したものの、
ちょっとしたトラブルで再加工になっていたOGASAKA FCが先日戻ってきました。
お店の対応は良心的で非常に素晴らしい対応でした。
チューンナップの調子が良ければ、次回もお願いしようかと思っています。
チューンナップのトラブルはこちら↓

http://d.hatena.ne.jp/Ishikun/20061208


そしてやっとこの板を使えるのかと思いきや、
「ベースを仕上げるには固めのワックスを塗りこむとさらに良い」とのこと・・・。
なんで、わざわざサーモバッグをしたのにワックスをかけなきゃならないの??
ブツブツ・・・・。

しかも、私はいつもマツモトワックスのANT BBというベースワックスを
使っているのですが、キャラさんにお勧めのWAXを聞いたところ、
「ANT BBの前にOVER THE BBのREDとBLUEを塗ると良いです!」とのお返事。
そんな訳で仕方なく下地作りを頑張ることにしました。

f:id:Ishikun:20061219230210j:image


昨日から作業を開始しまして、
昨日はREDを2回HOT WAXし、
本日はBLUEを2回HOT WAXしました。

ちなみに明日はANT BBを2回HOT WAXして、
滑りに行く前の日に気温に合わせた滑走WAXをHOT WAXして完了の予定です。

まあ、色々と大変でしたが、「サーモバッグ+下地作り」によって、
どの程度の効果があるのか楽しみです
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
9たび 静岡県 Yeti (イエティ)
2006-12-17-Sun  CATEGORY: .'06-07屋外滑走記録 Yeti
硬いよ~、ガリガリ!
9たび イエティ 

昨日の日記・・・・。
書きかけでございます。
ゴメンナサイ。
週末は色んなことがありすぎて、更新する時間がありません~。
でも、きっと追記しますのでもう少しお待ちください!
そして日記のネタもたっぷり溜まっております。
どんどんアップしますのでお楽しみに!

ところで・・・。
いや~今年はホント雪が少ないですね。
週末にどこか大きなゲレンデへ遠征しようと思ったのですが、
関東近辺で、まともに滑れるのは丸沼とかぐらくらいでしょうか?
丸沼のライブカメラを見るとリフト待ちが凄いですね~。
私がシーズンパスを購入した尾瀬岩鞍なんて
人工雪でコース一本ですし・・・・。
こんな状況ではやっぱりYetiへ出発です!

今日は昨日マイボードを購入したK君と一緒にYetiへ出発です。
遅くなりましたが、ここでK君のプロフィールをご紹介。
年齢は三十路に近い20代。
スノーボードは学生の頃から年に2回程度楽しむ。
いつもレンタルボードで連続ターンがやっと出来る感じ。
でも暴走気味・・・・・・。
こんな感じの天然君です。

今日は早めにYetiに到着したので、K君のバインディングを調整。
キャップストラップは、以前紹介したセッティングがバッチリです。
まだお読みでない方はこちら↓
http://d.hatena.ne.jp/Ishikun/20061112


そして17時の再オープンと同時にコース整備がバッチリ整ったゲレンデへくりだします。

ゴメン。しばらくK君は放置です・・・・。
だって最初の3本が最高!なんですもの。

で、早速滑り始めると、
あれ??
なんだか凍っている・・・。
寒気が入って、どうやら気温が下がっているみたいです。
ガリガリいうけど結構気持ちよく滑ることができました。
3本くらい滑ったあと、すぐにK君を探したのですが、
これが全然見つからない。
結局1時間半後に電話で連絡をとりました・・・・。
一緒にご飯を食べて休憩して、その後は一緒に滑りました。

K君はマイボード&マイブーツの調子が良いみたいで、
かなり上手に滑っていました。
私がフロントサイド180の練習をしていると、
早速彼もチャレンジ!
見事な逆エッジ&顔面着地を見せて頂きました!
でも彼は運動神経が良いので、すぐに上手くなるでしょうね。

しばらく一緒に滑っていると、降雪機が稼動し始めました。
と、いうことは気温が氷点下ということなんですね~。
Bゲレンデの下部は6台位の降雪機がフル稼働です。
このまま今週気温が低ければ、週末にはコースオープンできるかもしれません。

あ~、寒気団様もう少し頑張って下さい!

2006-07シーズン 年間滑走9日目
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2006/12 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。