ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりでチャレンジしているスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
バッジテスト(2級) ジャスミン編
2007-03-27-Tue  CATEGORY: バッジテスト 2級
こんばんは、ジャスミンです。
3/25(日)に受けたバッジテストの模様を書きたいと思います。

天気  :雨のち曇り
雪質  :シャバシャバ
気温  :5℃位
板   :'06 YONEX FL
ビン  :'06 Burton LEXA
ブーツ :'06 Burton EMERALD
スタンス:45cm
角度  :F21°R-6°

まず、雨が降るなか午前中に事前講習を受けました。
こんな天気だし、受ける人はいないかも・・なんて思いましたが
2級を受ける人だけでも、5人いました。
頑張って練習してきた人達ですよね、きっと。

そして、ロングターンからはじまりました。
昨日も練習したし、講習が始まる前も練習していたので、
なかなか良い感じでロングターン立ち上がりが出来ました。
インストラクターの方にも、「本番もその調子で!」との事!
う、嬉しい・・・!やったねっ
と、浮かれていたら2本目のロングターンではバックサイドで
ズシャッとコケました。。。やば、本番では気をつけなきゃ。
確か、3級の講習のときもコケたのだったわ。

次に、ショートターンです。
ショートターンは、昨日の練習ではあまりうまくターンできず
リズムよく滑れないし、どうしてもだんだんと右側へ行ってしまう。
hiroにみてもらったら、もっとゆっくりでいいんだよ。と言われ、
やってみるも、なんだか焦ってしまいダメダメターンでした。
講習でも、やっぱりターンが早いらしくインストラクターの方に
あと1.5倍幅を広げてゆっくりターンするよう言われました。
そして、ショートターンでもコケました。うぅ・・・
ショートターン、自信ないわ・・・。どうしよ。

次に、フリー滑走です。
3級にはなかった種目です。できるかしら・・・?
でも、普段滑っているときは気にしなくてもロングからミドルとか
変えて滑っているからきっと出来るはず。うん。
とりあえず、初めにニガテのショート、でロングターンにしました。
これがまた、なかなかうまく出来て「その調子で!」との事!

そして、講習は終わりお昼になりましたが、
お昼は何も食べずに最後の練習をしました。
やっぱり、ショートターンはイマイチな感じ。
でも、もういくらやっても同じです。疲れてしまうだけですね。

いよいよ検定が始まりました!
私は、今回21番!hiroが2級を受けたときと同じ番号です。
3級を受けるときより緊張しました。自信があまりなかったからかな?

そして、ロングターンから・・・。
ターン1回目~、2回~、3回~、あれ?もうすぐ停止エリアだ。
4回~!4回のターンで停止エリアへ入りました。
なんだか、距離が短く感じました。
しかも、停止エリアへ入って一応止まりましたが、前にパタッと
コケました・・・!ヤバイ~!
焦ってすぐに立ち上がったら、足のももがプルプルとケイレンを!
ひゃあ~、緊張しすぎ?とりあえず、すぐにリフト乗り場へ降りました。
あんな所でコケた・・・。

つ、次に、ショートターンです。
お昼に練習したときに、hiroから左の方を見て滑ったほうが良いよ。
とアドバイスをもらったので、左を見ながらターンしました。
そうしたら、まあまあリズム良くスイスイ滑れました!
意外と真っ直ぐ行けたし、okかも。

そして、最後にフリー滑走!
講習のときと同じように、ショートからロングターンへ。
結構うまく出来ました!よかった~、コケずに終わった。

hiroは、このあとエアがあります。
私は、先に下まで滑って一休み。あ~、終わった。緊張して疲れました。
合格発表までの間、今回の検定はビデオ撮影をして頂いてたので
それを見ていました。
自分のを見たら、ロングターンが1ヶ月前と比べてふわふわターン
じゃなく、ちゃんと安定したターンになっていたので嬉しかったです。
ロングターンうまくなったなぁ、私・・・。自画自賛。

そして、合格発表です。
速報でも書きましたが、21番!合格しました!!
は~、やったよ~!えーん。
ロングターン  70点
ショートターン 70点
フリー滑走   70点  合計210点

私、とうとう2級レベルなのね!本当に嬉しいです。
早く2級の認定証こないかな~、ペラペラだけど欲しいな。

今シーズン、まさか2級を取れるとは思っていませんでした。
と、いうより検定を受けるつもりもなかったのです。
3級を受けてみたら?と、hiroにすすめられて試しに受けて、受かって。
そしたら、2級が欲しくなって毎週ひたすら練習の週末。
会社の人には、また今週も行くの!?なんて、遊んでばかり~みたいな
感じでしたけど、遊び気分じゃなく、本気でやっていました。
今回、2級を取れて滑ることにまた少し自信がついて、ついでに
自分にも少し自信がつきました。
頑張ってよかったなぁと思いました。
検定が終わっても、今シーズンまだ終わりじゃないけど、今度は
遊び気分で滑りに行けそうです~。

以上、ジャスミン編でした。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
2月11日 初めてのバッジテスト(2級) hiro編 Part2
2007-02-22-Thu  CATEGORY: バッジテスト 2級
遅くなりました~、JSBA2級バッジテストレポートPart2です。
Part1はこちら。

お昼を食べたラーメン屋から検定バーンを滑って集合場所へ向かいます!

あれれ?
朝から雪が降り続いて、雪の感じが変わっています・・・。
うまく滑れない・・・・。
急に不安が押し寄せてきました。
でもすぐに集合場所へ到着。

全員が集合すると、検定を受ける人は、
3級 ジャスミンのみ
2級 私を含めて6人
1級 4人
となっております。

早速リフトで検定バーンの上部に上がります。

そして停止エリアのポールが立てられます。
エリアは思っていたよりも大きく、
入り口が20mくらい、奥の2本のポールの間隔は10mくらい、
奥行きは5mくらいでしょうか。
これなら余裕でエリア内に止まれそうです。

次に前走と呼ばれる基準となる人(インストラクター)が滑ります。
この前走の人の滑りによって本日の滑りやすさが判断され、
点数の基準が決められます。

スタッフからロングターンのスタートが告げられます。
3級からスタートするので、1番手はジャスミン。
ジャスミンは綺麗なカービングターンで斜面を下ります。
そして停止エリアで見事に停止。
う~ん、なかなか良いですね。

普段であれば、滑り終わった人は停止エリア付近で全員の滑りが
終わるまで待つのですが、今日はリフトが込んでいる為に、
順次リフトへ向かって滑り、そのまま上ってくることになりました。
ですからジャスミンもすぐにリフト乗り場へ滑って行ってしまいました。

そして次は2級。
1番手は私です。
そしていよいよスタートの合図。

まずは直滑降で加速。
ちょっと腰を落として、そこから伸び上がります。
まあ、これは抜重しましたよ、っていうアピールです。
そしてバックサイド側にプレターンして斜滑降に。
そこから体を谷側に落としてフロントターンを開始。
エッジグリップも良好で一気にノーズがフォールラインに向かいます。
なかなか良い感じでカービングをしながら、腰を落として板に荷重していきます。
このときに思い切り腰を落として上下運動をアピールすることが重要。
頭が板の上から外れないように注意します。
そしてターン終盤は徐々に伸び上がり抜重をアピール。
板をフラットにして、谷側に体を落とします。
ちょっと前半のエッジグリップが悪かったけど、バックサイドターンへ。
今度はつま先をブーツの中でしっかりと引き上げながら、
お腹と腿がくっつくイメージで腰を落とします。
じわ~っと荷重したら、ゆっくり伸び上がります。

その後もフロントサイド、バックサイドターンを行い
目指すは停止エリア。
4回転で無事停止エリアに止まることがきました。

その後私もすぐにゲレンデを下ってリフト乗り場へ。
相変わらずリフト乗り場は混んでいます。
良く考えると、私は他の2級や1級の受験者の滑りが見れないのです・・。
ちょっと損した気分。

私が再び検定バーン上部に戻ると、
ジャスミンはすでにショートターンの準備に入っておりました。
まずは前走がショートターンで滑って、すぐにジャスミンの番。
ジャスミンはリズミカルに最後まで滑って行きました。
かなり良かったのでは??

そんな事を考えていたらすぐに自分の番です。
スタートの合図と共に直滑降を開始。
あまりスピードが出ないように早めにターンに入りました。
う、やっぱり雪が難しくなってる。
ターン前半のエッジグリップを探って、できるだけカービングで板を回します。
板が回ってきたらテールをスライドさせて強めにブレーキ。
ハッキリ言ってスピード感はありません。
でも、これ以上スピードを出したら必ずやられます・・・。
後半は少し斜度が緩くなるので、ちょっとだけ調子が出てきました。
できるだけ軽快なショートターンをアピールします。

そして問題なく停止エリアに止まれましたが、う~ん今一歩。
事前講習のときの方がよかったです・・・・・・。

リフト乗り場に向かって滑っていくと、
ジャスミンが待ってました。
3級は先ほどのショートターンで終わりです。
「頑張ってね!」と声をかけてもらい、私は再びリフトにのりました。

そして最後はフリー滑走です。
フリーは停止エリアが先ほどよりも下げられ、滑走距離が長くなります。
まずは前走の人が軽快にゲレンデを駆け抜けます。
ショートターン、ロングターンでそのままスイッチして
さらにロングターンからレギュラーへ戻してゴール!
見事です・・・。
私にはあんな事はできませんね~と思いながらも私の番。

もう、どうにでもなれ!
という気持ちで加速していきます。
そこからまずはショートターン。
ゲレンデ上部のショートターンは下で見ている検定員にスピード感が分かりにくいので、
最初に見せよう作戦です。

う~ん、やっぱり失速気味。
これはやばい!と思い、そこからスピードを上げてロングターン。
思いっきり飛ばします・・・。
4ターンほどかまし、絶好調!と思いきや、
う~ん人が一杯います!
そこでミドルターンで人を右へ左へとかわします。
最後は「おれ~っ」と叫ぶつもりで雪面にエッジを立てターンをアピール。
そのまま停止エリアへ入り急停止。

我ながら後半は決まった・・・・。
なんて思いながら検定は無事終了。

「結果発表は3時半です。」と告げられて解散となりました。

その後はジャスミンと合流してちょっと休憩。
「オレはショートターンが微妙・・」なんて話をしながら3時半を待ちます。

そしていよいよ結果発表。
スノーボードスクールの前で待っていたら、部屋の中へと呼ばれました。

最初に前振りで総評・・・・。
その後にスクールのパンフレットが配られたりして、
あ~早くして!!って感じです。

「それでは結果発表します。」
「合格者は番号を呼びます。」

ジャスミンは31番。私は21番。
頭の中では21番、21番、21番を繰り返しています。

「では、最初に3級です。・・・31番。・・・以上。」
お!!ジャスミンはバッチリ合格です。

「続いて2級。・・・21番、22番・・・以上。」
お~!!21番。ありました!!
なんと二人とも受かっちゃいました!!

ちなみに1級の合格者は1名のみでした。

その後で壁に採点表が貼り出されます。
じ~っと眺めてみると、

ロングターン :70.5
ショートターン:69.0
フリー     :70.5
合計      :210.0 合格
 
あれ??やっぱりショートターンは69点か・・・。

え??「70点以下ってあっても良いの?」
びっくりして検定員に確認してしまいました。

そうなんです、合計で210点あればOKなんです。

それから70.5点のように0.5点というのは、
一人の検定員が70点、もう一人が71点を採点した場合に発生します。

結果的には苦手のショートターンを、得意のロングターンと
フリーがカバーしてくれたわけです。
フリーではホント思いっきり滑って良かったです。

で、最後に、
「合格した人は認定料を支払ってください。」と・・・・。
私とジャスミンは「えっ?」という表情で目が合ってしまいました。
なぜならば、二人とも受かるとは思ってもおらず、
持ち金がほとんど無かったからです。
なんとか有り金を叩いて二人分の認定料を支払うことができたのですが、
ちょっと注意が必要です。

そしてその後に3級は認定書をその場でもらい、
2級の人はJSBAから郵送してもらうために手続きをします。

さらにその後には検定員から滑りのアドバイスを頂くことができました。
通常ですと尾瀬岩鞍のK'sスノーボードスクールの場合には、
ビデオによるクリニックがありますが、本日は残念ながら吹雪だった為、
残念ながらそれはありませんでした。

私は1級に向けて、ロングターンでは前半からのエッジグリップの確保と更なる上下運動。ショートターンでは上下運動が全然足りていない点とスピード感の向上というアドバイスを頂きました。

もちろん続けて1級を目指したいと思います。
しかしJSBAのバッジテストを目指すというのは、滑りの基礎を学ぶことはできますが、
どうしても練習という色が強くなってしまいます。
スノーボード本来の楽しみを忘れない程度に頑張るのが良いのではないでしょうか。

だって、2級に受かったところで急な斜面は全然駄目ですし、
ホント検定バーンで上手く滑れるようになっただけなのです・・・。

もっと色々な斜面を滑って、
どんなときもボードを自由自在にコントロールできるようになりたいですね~。

Part1はこちら。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
2月11日 初めてのバッジテスト(2級) hiro編 Part1
2007-02-16-Fri  CATEGORY: バッジテスト 2級
こんばんは、hiroです。
初のバッジテスト受験から1週間経ってしまいますね~。
忘れないうちにバッジテストの模様を追記しなくちゃ!

天気  :雪
雪質  :モコモコ→圧雪
気温  :-2℃位
板   :'07 OGASAKA FC
ビン  :'06 Burton CRTEL
ブーツ :'07 Burton ION
スタンス:52cm
角度  :F21°R-3°

昨日はしっかりと練習して、いよいよバッジテストに挑戦する朝。
宿で朝食を済ませて早速ゲレンデへ。
今日は最高にゲレンデが混んでいます。
まずはK'sスノーボードスクールにて受付。
バッジテストと事前講習の申し込みを行います。
2級を受験するためには事前にJSBAへの入会が必要です。
JSBAの会員証か会費を振り込んだ領収書があればOK!

事前講習は10時から。
その後13時から検定が行われます。

まずは事前講習に参加。
講習の参加者は、
3級 ジャスミンひとり
2級 私と他3名
1級 1名

準備運動の後すぐにリフトで検定バーンへ上がります。
しかし、リフトが長蛇の列。
こんなに混んでいるのは初めてです。

全員がバーンの上に集合したら検定方法の説明が行われます。
スタートの仕方やプレターンの説明、ターンの数え方等。

その後早速ロングターンにてプレ検定開始です。

バーンの広さは約30mx100m。
ターンの回数は4~5回転。
3級、2級共にカービングターン。
更に2級は立ち上がり動作(沈み込みからの伸び上がり動作)が必要。

まずはイントラの先生が滑ります。
う~ん、さすがに上手。
アレができれば1級ですね。

スタート順は3級→2級→1級。
ということで、まずはジャスミンから。
ターン数はちょっと怪しいものの、ジャスミンはなかなか上手です。

その後数人をおいて私の番。
すーっと直滑降で一度腰を落とし、
抜重(板の圧力を抜くこと)してバックサイドでプレターン。
そこから1回目のフロントターン→バックサイド→フロントサイド
→バックサイド→停止。
バーンはちょっとモコモコですが、まあまあでしょうか。

滑り終わった後には先生からアドバイスを頂きます。
「まだまだ上下の運動が足りない。特にフロントサイド。
 そして、動きの滑らかさが無く唐突な動きになっている。」
とのこと。
確かに身に覚えがあります・・・・。

みんなの滑りを確認したあと、
続いた斜面でもう一度ロングターン。

このときは先ほどのアドバイスをできるだけ実行し、
大分良くなったとのコメントを頂きました。

そして下まで滑って、リフトで再びスタート地点へ。

今度はショートターン。
バーンの広さは約10mx100m。
ターンの回数は指定なし。
2級はカービングターン。

これまた先生が見本を披露。
う~ん、あんな風に滑れたら最高でしょうね~。

まずはジャスミンがトライ。
う~ん、ちょっとスピードが早く、
だんだん右にずれて・・・・ます。
おまけに転倒・・・・。
う~ん、ちょっと難しそう。

その後何人か滑って私の出番。
直滑降からちょっと沈んで、伸びて、
いち、に、いち、に、いち、に・・・・・。
う~ん、なかなか調子が良い!
今日の雪が見方をしてくれています。
なんだか調子が良い!
先生からもなかなか良いというコメントを頂きました。
あとはちゃんと立ち上がりを入れて、
早めのエッジングを心がければ更に良いとのこと。

みんなの滑りを見てから、再びリフトに乗ってスタート地点へ。

2級以上の人はフリーの滑走を行いますが、
3級のジャスミンはフリーは無いので、もう一度ショートターンを見てもらいます。

フリーは尾瀬岩鞍の場合には
広さは30mx130m位。
ちょっと長さは短めです。

フリーはスイッチを入れると加点されますが、
切り換え時に減速すると減点になりますので、
よほど自信が無限りやめた方が良いでしょう。

先生の見本の後にジャスミンがショートターン。
お、今度はちゃんと板を踏んでリズミカルに降りていきます。
これならきっと受かることでしょう。

その後数人をおいて私の番。
ショートターン→ロングターン→ミドルターン。
なかなか気持ちよく滑りきりました。
フリーの場合にはスピード感が大切なので、
気持ちよく飛ばせるミドルターンを最後にもってきました。
先生も「なかなか良いね。」ということでしたが、
「バックサイドのときに腿とお腹をもっとくっつけるように」と
アドバイスを頂きました。

以上で事前講習は終わりですが、
1級を受験する場合にはエアの講習が続きます。

今日は人が多くリフトも混んでいたので、あまり多くの回数は滑れませんでしたが、
各級を受験する際には必ず事前講習を受けなければならないので要注意です。

その後お昼休みを挟んでいよいよ検定です。
Part2へ続く。

Part2はこちら。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.