FC2ブログ
ふたりの身近に起こったちょっとヨイことや、ふたりで楽しんでいるスノーボードの日記です。バイクツーリングの話題もあり!!
ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!
北海道 旭岳ロープウェイ 2日目へGo!!
2020-02-02-Sun  CATEGORY: '19-20滑走記録 旭岳ロープウェイ
20200126_233025423_iOS.jpg

こんにちは、hiroです。
1月27日の滑走記録になります。

前日の夜は8時半に眠り、最初に目が覚めたのは3時半(笑)
そこから3度寝をして6時半に起床。

外の景色を眺めると、ちょっとは積雪があったようです。
朝食を済ませて、9時スタートの始発のロープウェイを目指します

ホテルの外に出てみると、車の上には20cm以上新雪が積もっています
やった~、もしかしてThe Dayかも
※新雪がバッチリ積もった日のことをThe Dayと言います。
 そんな日に最適なのが、私たちが去年購入したHEADの板「The Day」

麓で20cmの新雪なので、ロープウェイで上った先は凄いことになっていそう

車に積もった雪を下して、急いでロープウェイの駅へ向かいます。
流石に平日の月曜日なので、昨日よりは人がちょっと少ないです。
でもほとんどが外国人なのであまり関係ないかも(笑)

ロープウェイの乗車に並んで、今日は2本目のロープウェイに搭乗できました。

揺られること10分。
頂上の駅へ到着です

20200127_020356860_iOS.jpg

駅の付近の視界は良いですが、滑る場所はめっちゃ視界が悪い
ちなみに、このおじさんは知らない人です。

それでも昨日覚えたルートを目指してスタートします

・・・しかし、ホントに全く先が見えない(笑)
ゴーグルの表面が凍って更に見えない

滑り始めの場所は新雪が飛んでしまっていて、ちょっとアイスバーン。
かと思ったら、いきなりの深い新雪。

そして地形が盛り上がって、今度は下がって、
そのうちに自分が止まっているのか滑っているのかも不明

でも、やっぱり動いていて、新雪に逆エッジ
いきなり埋もれた(笑)

そこから雪をかき分けて圧雪されているコースへ復帰
早速汗だくです

ここからはコースをかっ飛ばして、次のロープウェイを目指します。

1本ロープウェイを待って2本目に乗車です。
頂上駅に上ると、今度は少し靄が減っています

20200127_020354391_iOS.jpg

ちゃんと雪面が見えます

誰も滑っていない新雪の上を、
フワッと浮いて、スーッと滑って行きます

ヒャッホ~
誰もいない広い雪面を独り占め。

ターンをしても板が硬い底に当たることもなく、
超気持ちよく自由自在に滑ることができます

最高です

調子に乗りすぎて、
最後は斜度が緩いところまで行って埋まってしまいました。

20200127_020401330_iOS.jpg

その後は、やっぱりダッシュで下の駅を目指して、次の3本目。
こちらも霧が晴れて気持ち良く滑ることができました。

これ以上に楽しむのであれば、
スノーシュー、ストック、ビーコン(遭難用の発信機)などの装備と、
ガイドさんの案内が必要だと感じました。

そもそもに私のような軽装の人はほとんどいませんから。

昨日の予習の効果もあり、
緩い装備で旭岳の新雪を最大限に楽しむことができました
※緩い装備の人はくれぐれも頑張り過ぎないように。安全第一です。

The Dayを満喫したので、ジャスミンが待っているホテルへ戻ります。

着替えを済ませて、
せっかく北海道へ来たのでお昼はお寿司を食べることにしました。

ネットで検索して、お値段が安めで評判が良い「笹一」へ向かいます。

マップ

笹一は最近リニューアルしたようで、とてもカジュアルなお寿司屋さん。
ちゃんとカウンターで握ってくれるのですが、定食や蕎麦、うどん、ラーメンまであるのです。

残念ながら写真撮影不可ということで画像は無いのですがお勧めです。
次回も行きたいと思い、ここに書き留めておきます

笹一 Webサイト
https://www.sasasan.com/

美味しいお寿司のあとは、向かいにある東川町の道の駅へ立ち寄ります。
こちらでちょこっとお土産を購入。

東川町は美味しいお米「ゆめぴりか」で有名です。

しかし、ここではお米は買わずに、後日ふるさと納税で頂くことにしました(笑)

お腹がいっぱになった後は日帰り温泉を探します。

旭川空港の近くに、「森のゆ 花神楽」を発見

こちらは宿泊ができる施設ですが、日帰り温泉がメイン。
広い温泉とゆっくりくつろげるスペースが素晴らしい

平日だから超空いていたのかもしれませんが、
旭川空港を拠点に旅行するのであれば利用しやすい温泉だと思います。

そんな訳で、次回もきっと行くので書き留めておきたいと思います。

森のゆ 花神楽 Webサイト
https://www.morinoyu-hanakagura.com/

ここでゆっくりして、
カムイスキーリンクスの滑走記録のブログを書きました

2泊3日の北海道の旅もいよいよ終盤。

旭岳方面は雲が切れて太陽の光が差し込んできました。
あと1日滞在すれば、壮大な旭岳を眺めることができそう・・・・。

だけど、もう帰らなけれななりません

そこで誓ったのは、
こんな時に、「よ~し、もう一泊しちゃおう!!」と、
スケジュールの変更ができる自由な生活を手に入れること

その為にはサラリーマンの卒業は必須です(笑)

そんなことをジャスミンと話しながら旭川空港へ到着。

旭川空港は2階のショッピングコーナーが改装されて、
広いフードコートが新設されていました。

何を食べようが悩みましたが、

20200127_092452605_iOS.jpg

大好きなスープカレーにしました
チキンにカレーの味が染みていて凄く美味しい

北海道は、
雪が最高
景色が最高
温泉が最高
食事が最高

何度来ても、また来たいです

仕事を頑張って、来年も滑りに来れますように


翌日の朝のこと。

旭岳ロープウェイのWebを確認したところ、

20200128_000951000_iOS.jpg

うぉ~
やっぱり快晴で最高の旭岳が顔を出したのでした

本物のこの景色が観れるまで通います(笑)
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
北海道 旭岳ロープウェイへGo!!
2020-02-01-Sat  CATEGORY: '19-20滑走記録 旭岳ロープウェイ
20200125_233942159_iOS.jpg

こんにちは、hiroです。
2020年1月26日の滑走記録です。

8時半にホテルを出発して3分で旭岳ロープウェイに到着
駐車場に停まっている車はそんなに多くはありません。

20200125_233948865_iOS.jpg

ちなみに今回のレンタカーはスズキのソリオ 4WD。
普通に乗る分には可もなく不可も無く。シートヒーターは良かったです。
しかし、セーフティ機能用のカメラは雪がフロントガラスに着くと機能が停止して安全装置は働きません。
雪国ではこの手の安全装置は使えないですね。
デミオクラスということで借りたのですが、ソリオの方が広くて良かったと思います

さてさて、9時出発のロープウェイ搭乗を目指して急いで駅舎の中へ入ります。

うぉ~、既にたくさんの人が。
80%くらいは外国人です。日本人は少ないです。

ゴンドラの搭乗券は4時間券を購入。
皆さん新雪狙いなので午後に滑る人はかなり少ないです。

観光としてロープウェイで上まで上って、ロープウェイで下ることも可能です。
時々観光の方もいらっしゃいます。

チケットを買うと既に約100人くらいが乗り場に並んでいます

9時に第1便が出発しますが、1度に乗れるのは50名くらい。
私とジャスミンは2便にも乗れず、第3便へやっと搭乗。

ロープウェイは上の駅まで約10分かかるので、10分に1回しか搭乗できません。
そんな訳で時間は既に9時30分。

ロープウェイの窓から雪山の様子を確認します。
滑れそうなところはどこかな

そして、ついにマイナス20℃の頂上駅へやっと到着
※旭岳の山頂ではありません。

まずは記念撮影です。

20200126_004000134_iOS.jpg

20200126_004031080_iOS.jpg

天気は曇りですが霧もほとんど無く視界は良好
しかも風もほぼ吹いていないという、冬の旭岳にしてはGoodなコンディション
一度吹雪くと何日間もロープウェイが運休のときもあるそうです。

このスキー場は圧雪された細い道をコースと呼んでいます。
しかし、それ以外は全部自己責任で滑れるという、山岳なんです(汗)

ほとんどの人はコースは滑りません。
だって、山岳を滑る為に旭岳に来ているのですから。

私たちは全くそういう装備では無いので、
圧雪されたコースに戻って来れる範囲の新雪で遊びます

20200126_015641139_iOS.jpg

早速少しだけコースを外れてみるものの、
そこは既に新雪が喰われてしまって、ただの超荒れたバーンが広がっています

仕方が無いので、新雪が残っているところへちょっとだけ攻め込みます。

20200126_030449300_iOS.jpg

この画像でいうと、少しだけ左側の新雪の部分です
(※自己責任でこの画像のどこを滑ってもOKなんですよ)

すると・・・・・。
勢いが足りず途中で止まってしまう訳です(笑)

そう、滑った跡が無い部分は、常連の人もコースまで戻って来れないので、
そこへは行っていないのです(超笑)

一度止まってしまうと、板を外して、腰まで雪に埋まりながら、
コースまで雪をかき分けて一歩一歩進むのみ

マイナス20℃なのに汗だくになり、
空気が薄いのでゼハゼハになりながら進むのです。

でも、これが最高なんです
埋もれるだけの雪が積もっていて、その苦労があるからこそ、
他の人が滑っていないルートを気持ちよく滑って戻って来れたときは超気持ち良いのです

この旭岳ロープウェイでは、たとえコース上を滑っていても普通に途中で止まってしまいます。
板を外して坂道を上る必要があります。
だから、初心者、中級者は全然楽しめませんので要注意です

20200126_015644708_iOS.jpg

ジャスミンも新雪をかなり滑れるようになりました。
しかし、地形を覚えて思い切り行かないと、とにかく歩く距離が長くなってしまうのです。
体力が無いとちょっと大変だったと思います。
一緒に大自然に挑んでくれてありがとう

途中で必ず歩くのでスノーボードはスキーと比べてかなり不利です。
上の駅から下の駅まで滑るのには20分から30分くらい掛かります。

外国人が多く行列が長いので、下の駅ではロープウェイは2本から3本は待たないといけません。

そんな訳で1時間に1本くらいしか滑れません。
そして途中で埋まると体力的が奪われるので4本くらい滑るとでヘトヘトです

それでも、もし今夜に雪が降ったらどのように滑ればよいのか
新雪を滑ってきちんとコースに戻って来れるルートは何処か
何本かは良さそうなルートを発見することができました

お昼まで滑ったら脚はパンパン。
ご飯を食べて今日は上がることにしました。

せっかくなのでロープウェイの食堂で頂きます。
色々なメニューがありますが、

20200126_033727543_iOS.jpg

私はピリ辛もつ煮込みラーメンを選択
程よいピリ辛にあとを引くスープで美味しかったです

そして、宿に戻ってまずは温泉に入ります。
貸し切りの温泉を満喫

その後はビールを飲みながら日本食のコース料理

20200126_083310876_iOS.jpg

ビールを頂きながら堪能します

20200126_084254077_iOS.jpg

お刺身あり、

20200126_085520470_iOS.jpg

鉄板焼きありと、やっぱり日本食が最高

スノーボードで新雪を滑り、
気持ち良い温泉に浸かり、
ドラフトビールを飲んで、
美味しい料理を食べて、
ぐっすり眠る・・・・・・。

やっぱりこれが最高

そして天気予報では今夜は積もるらしい。

ジャスミンは明日はゆっくりくつろぎたいとのことなので、
朝積もっていたら、一人で出動したいと思います

また20:30だけど、今日はもう寝ちゃいます(笑)
おやすみなさい

明日に続く。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
旭岳ロープウェイ最寄りのホテルに到着!!
2020-01-27-Mon  CATEGORY: '19-20滑走記録 旭岳ロープウェイ
20200127163512665.jpeg

カムイスキーリンクスからドライブすること約1時間半、
旭岳ロープウェイにほど近いラビスタ大雪山へ到着

2020012716351022b.jpeg

20200127163508668.jpeg

到着するまでしらなかったのですが、
共立グリープというホテルチェーンが運営するリゾートホテルです。

今回は2食付きのプランで2泊したのですが、
夕食、朝食の内容がなかなか良く、客室も快適だったので、
記録しておいて、また行きたいと思います

お値段は休前日に泊まっても、1人1泊16,000円(サービス料・税込)
サービス内容を考えるとかなりリーズナブルだと思います

まず最初にお部屋ですが、

20200127163500832.jpeg

入ると暖炉風のストーブがあります。
メインの暖房はオイルヒータで快適ですが、
暖炉の雰囲気を楽しむこともできます。

その暖炉の上には、

202001271635053e1.jpeg

コーヒー豆とミルがセットされています。
コーヒーを挽きながらゆったりとした時間を過ごす。
素敵なサービスですね。

20200127163459c8d.jpeg

ベッドは今回はツインですが、
これまで泊まったホテルでもトップクラスの寝ごごち。
枕は10種類が用意されており、自分のお好みを選ぶこともできます。
9時間寝ましたが、腰が痛くならず素晴らしいベッドでした

2020012716350395e.jpeg

洗面所には温泉セットが籠に入れて用意されており、
部屋着もきちんと用意されていました。

お風呂は大浴場と家族風呂が用意されていて温泉です。
今回は大浴場を利用したのですが、綺麗で素晴らしい温泉を楽しむことができました

20200127163502374.jpeg

そして細かい配慮としては、
部屋や館内で使用できるスリッパは男性用、女性用が用意されています。

この価格帯ではなかなか提供できない素晴らしい心遣いです

このホテルに2泊したわけですが、
夕食は和食のコースもしくはフレンチのコースから選択することができます。

私たちは1日目を洋食、2日目を和食にしました

そんな訳で、本日の夕食はフレンチのコースです。
先日旅行したパリではフレンチを食べなかったのですが、
日本の大雪山でフレンチを頂きます。

202001271635063cb.jpeg

前菜から始まって、スープ、お魚、お肉と続きます。

飲み物は本当はワインを選択するものなのでしょうが、
スノーボードの後はビールで決まり

美味しい地ビールでジャスミンと乾杯です。

20200127163718981.jpeg

お肉は牛肉と地鶏から選べるので、私は地鶏を頂きました。

カジュアルなフランス料理なのでリラックスできて良かったのですが、
土曜日の夜ということもあり、お客さんが多くて、
料理が出てくるタイミングがちょっと遅かったのが残念です。

しかし、お値段を考えればとてもリーズナブルで満足です

この後はバーでカクテルを楽しむこともできますし、
冬季は期間限定ですが、氷のバーで飲むこともできます。

20200127163509e37.jpeg

更に、夜食としてラーメンが提供されるなど、
本当にサービス満点なホテルだと感じました。

スタッフの方に聞いたところ、
お客様は年配の方が多く、道内から温泉と食事を楽しみにいらっしゃるそうです。

スキーやスノーボードを楽しみに来るのは、ほぼ外国人とのこと。
旭岳ロープウェイスキー場はかなり難易度が高く普通の人には楽しめません。
ですから、メインのお客様は温泉メインなのですね。

そんな旭岳ロープウェイスキー場ですが、

20200126155846490.jpeg

私たちは2017年の春に下見に来ています。
ここは本当に山岳スキーなので、普通のスキー場とは全然違います。

一応圧雪された道が下まで整備されているのですが、それ以外の場所は全部自己責任。
もっとも、その圧雪された道を使うのは私たちのような初心者だけ(笑)

地元の人や慣れた人は山全体の非圧雪ゾーンを思う存分に楽しむのです。

あれから3年。
私たちはパウダーの練習をして板も新しくしました。

明日はいよいよ旭岳ロープウェイのパウダーに挑戦です

今夜は素敵な新雪が積もりますように
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2020/02 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


余白 Copyright © 2005 ふたりのちょっとヨイこと&休日はスノーボードへGO!. all rights reserved.